サルデーニャのモトクロスMXGP:VIALLE SWEEPS 250s、HERLINGS WINS 450s&TAKES POINTS LEAD

ティム・ガイザーをXNUMXポイント上回っただけですが、ジェフリーがポイントでどれだけ前に戻ったかを考えると、印象的です。 しかし、ティム・ガイザーは鎖骨骨折に苦しんでおり、サルデーニャでポイントの束を失う運命にありました。 その間、トニー・カイローリは激しく倒れ、担架で運ばれなければなりませんでしたが、レース後のニュースでは、彼は何も壊さなかったということです。 ロマン・フェーヴルはXNUMX位で、ハーリングスにわずかXNUMXポイント差をつけています。

250クラスでは、トム・ヴィアーレの1-1の結果が、彼に250回目の250 GPでの連続勝利をもたらし、ヴィアーレは現在、ポイントで250位まで上昇しています。 71ポイントのリーダー、マキシム・ルノーが表彰台の第XNUMXステップに立った。 マッティア・ガダニーニが不運な一日を過ごしたため、ルノーはXNUMXチャンピオンシップポイントをXNUMXポイントに増やし、イアゴーゲールツがXNUMX位、ティボーベニスタントがXNUMX位に上がりました。

250世界選手権ポイントの順位:
(10ラウンド中18ラウンド後)
1. Maxime Renaux(ヤム)…403
2. Mattia Guadagnini(KTM)…332
3. Jago Geerts(ヤム)…325
4. Thibault Benistant(山芋)…290
5.ジェド・ビートン(Hus)…290
6.トムヴィアーレ(KTM)…277
7.ケイドウルフ(Hus)…273
8.ルネ・ホーファー(KTM)…263
9. ルベン・フェルナンデス(本)…251
10. Mathys Boisrame(Kaw)…223

450ワールドチャンピオンシップポイントランキング
(10ラウンド中18ラウンド後)
1. Jeffrey Herlings(KTM)…371
2. Tim Gajser(本)…370
3.ロマン・フェヴル(カウ)…367
4.ホルヘプラド(KTM)…359
5.アントニオカイローリ(KTM)…326
6.ジェレミー・シーワー(ヤム)…280
7. Pauls Jonass Gas)…254
8.グレン・コールデンホフ(山芋)…234
9. アレッサンドロ・ルピノ (KTM)…185
10.ベン・ワトソン(ヤム)…171

あなたはおそらくそれも好きでしょう