MXGP OF TRENTINO#2結果+ビデオ:CAIROLI WINS&HERLINGの24ポイントギャップバニッシュ

TRENTINO#2の結果とビデオのグランプリ

2021年のMXGP世界チャンピオンになるための戦いはさらにエキサイティングになりました。 ジェフリー・ハーリングスは日曜日にこの同じトラックで優勝し、水曜日の週半ばのレース、15ラウンドの18ラウンドに並び、ロマン・フェーブルを24ポイントリードしました。 ハーリングスにとって残念なことに、最初のモトの開始時にクラッシュしたため、バイクがひっくり返り、スロットルケーブルが損傷し、モトをDNFしました。 本質的に、ジェフリーはモト94の後にポイントリードを失いましたが、モト3の1月の前で1位でフィニッシュすることでポイントを取り戻しました。 トニー・カイローリは続けて1回目のMXGPを5-2のモトスコアで獲得し、ロメイン・フェーバーブはハーリングスに3-XNUMXのフィニッシュでXNUMXポイント差をつけ、ティム・ガイザーはハーリングスでXNUMX-XNUMXのスコアで深刻なポイントを獲得しました。

250クラスでは、KTMのレナホーファーが最初のレースで2位を獲得し、Moto 4を獲得した後、最初のMX2クラスの勝利を手にしました。ポイントリーダーのMaxime Renauxは両方のモトでクラッシュしましたが、当日7-5でサルベージしました。総合87位でフィニッシュし、残りXNUMXレースでXNUMXポイントのリードを維持します。

トニーカイロリが94番目のMXGPを獲得

Tony Cairoli 94th MXGP win at Trentino #2アントニオ・カイローリはレース後に次のように語った。 サルデーニャでのクラッシュ以来、苦労してきました。 それは次のGPで私の頭に浮かんだ。 私の肋骨は本当に痛かったですが、スペインではすでに少し気分が良くなりました。 ここに来ると、厳しいレースが終わった後、良いバウンドバックを期待していましたが、土曜日の夜に病気になり、日曜日は困難でした。 今日は少し気分が良くなり、過去にここで良いレースをしたことがあります。 表彰台に立つためにできる限りのことをしました。 最初のモトではライディングにとても満足し、XNUMX番目のモトではホールショットがあり、ほとんどレースをコントロールすることができました。 少し疲れていましたが、経験を積むことで、トラックの一部でエネルギーを節約し、ジェレミーを後ろに置くことができました。 今、私はさらに気分が良くなり、毎週末表彰台に立つことができることを願っています。 それが私がここでやっていることです。」

450グランプリの結果TRENTINO#2:

1.アントニオカイローリ3-1
2.ティムガイザー2-3
3.ロメインフェーブル1-5
4.ジェレミー・シーワー4-2
5.グレンコルデンホフ7-6
6.トーマス・シェール・オルセン8-7
7.ベン・ワトソン6-9
8.ブライアン・ボガーズ11-8
9.ヘンリー・ヤコビ9-11
10. Jeremy Van Horebeek 10-12

JEFFERY HERLINGS GOES DNF-4

Jeffrey Herlings MXGP of Trentino #2ジェフリー・ハーリングス: それはかなり壊滅的です。 前輪が洗い流され、誰かが私の自転車に乗った。 私のハンドルバー、ガスケーブルなど、多くのものが壊れていました。 それは成し遂げられた取引でした。 そのポイントを取得するのは痛いです-それがあった場所に導き、瞬く間にそれが行われました。 私は傍観者から見なければなりませんでした。 それから私はXNUMX番目のモトにまっすぐに行かなければならなかった、そして私はいくつかの腕のポンプを持っていて、そして私のリズムに入ることができなかった。 私はその最初のモトを逃した。 悪い日でした。 他に何を言うべきかわかりません。 興味深い最後のXNUMXレースになるでしょう。 どうなるか見ていきます。」

2021年のFIM450グランプリポイントの順位(ラウンド15/18の後)

1.ジェフリー・ハーリングス-573ポイント
2.ロマン・フェーヴル-572
3. Tim Gajser-570
4.ホルヘプラド-473
5.アントニオカイローリ-464
6.ジェレミーシーワー-451
7.ポールズジョナス-391
8.グレンコールデンホフ-369
9.アレッサンドロ・ルピーノ-266
10.トーマス・ケアー・オルセン-266

レナ・ホーファー初のMX2クラス優勝

Rene Hofer first MXGP win Trentino #2レナ・ホーファー: 「確かに、これは私が決して忘れない日です。 フィニッシュラインを越えたらとてもいい気分でした。 オーストリアのファンが家で楽しんでくれたことを心から願っています。久しぶりです! 少し言葉が出ない。 最初のモトでは少し苦労し、最高の流れがなく、10番目のモトははるかに良かった。 明らかに、私はマキシムとトムとの事件を回避することができて幸運でしたが、私はそこに素晴らしい気分でした。 あとXNUMX分で少し緊張してミスも多かったのですが、どういうわけか家に持ち帰りました。 今シーズンも夏休みも仕事に取り掛かって以来、どんどん良くなっていきました。 トルコ以来、私の自信はすべてのGPで成長しました. KTMに勝つことも本当に素晴らしいことです。彼らはオーストリア人がここに来るのを十分長い間待っていたと思います。 今日は私たち全員にとって幸せな日です。」

250グランプリ結果トレンティーノ#2:

1.レナ・ホーファー4-1
2.イアゴー・ゲールツ2-6
3.ルーベンフェルナンデス3-5
4.マッティア・ガダニーニ11-2
5.マキシムルノー7-5
6.SimonLängenfelder9-7
7.ジェド・ビートン16-3
8.ウィルソントッド6-11
9.トムヴィアーレ1-31
10. Mikkel Haarup 10-10

MAXIMERENAUXは大規模なポイントリードを保持します

Maxime Renaux Trentino #2マキシム・ルノー: 「今日は私にとってまた厳しい日でした。 最初のレースでひどいスタートを切った後、別のライダーが連れて行ってくれました。 ですから、XNUMX位に戻るのは大変なことでした。 私は第XNUMXレースではるかに良いスタートを切り、ターンXNUMXからXNUMX番目で、直接リードを奪いました。 最初に引っ越して、XNUMX番目のライダーがスペースのないところに入ろうとしたので、衝突して墜落し、コースから外れました。 それから後輪にケーブルが引っ掛かり、それが私を叩いていたので、バイクで何かが壊れて、ジャンプなどでブロックされたくないのではないかと心配しました。 全体的に、XNUMXつの本当に奇妙なモトですが、全体的に、私は幸せです。 良いスタートを切った最後のレースを本当に楽しみにしています。前線に立つように努めます。」 

2021年のFIM250グランプリポイントの順位(ラウンド15/18の後)

1.マキシムルノー-595
2.イアゴー・ゲールツ-508
3.トムヴィアーレ-492
4.マッティア・ガダニーニ-475
5.ジェド・ビートン-454
6.レナ・ホーファー-436
7.ティボーベニスタント-384
8.ケイドウルフ-384
9.ルーベンフェルナンデス-364
10.SimonLängenfelder-271

あなたはおそらくそれも好きでしょう