全国ハイライト:マスタープールがプロサーキットで300勝目を達成

土曜日のハイポイント レースウェイでのタイ マスタープールの勝利により、モンスター エナジー プロ サーキット カワサキ レーシング チームは、合計 300 レース勝利という一見不可能と思われるマイルストーンに到達しました (ピーク ホンダ チームの多大な支援によるものです)。この成果には、スーパークロス、モトクロス、スーパーモトクロスでの勝利が含まれています。プロ サーキットでの最初の勝利は、1991 年のオーランド スーパークロスの 125 イースト クラスでブライアン スウィンクが達成したものです。全体で、39 人のライダーがプロ サーキットの 300 勝利に貢献しました。リッキー カーマイケルが 38 勝でリストのトップに立ち、ライアン ヴィロポトの 30 勝がそれに続きます。

100 勝目は、125 年アナハイム スーパークロスでイヴァン テデスコが 2004 ウエストで優勝した時でした。200 勝目は、2011 年アトランタ スーパークロスでディーン ウィルソンが達成しました。そして先週末、タイ マスタープールがハイ ポイント レースウェイで 300 勝目を記録しました。この 300 勝により、プロ サーキット チームは 31 回の AMA チャンピオンシップを獲得しました。そして、その数は今も増え続けています。

450 結果: ハイポイントナショナル
1. Jett Lawrence(Hon)…1-1
2.チェイス・セクストン(KTM)…3-2
3. ハンター・ローレンス(Hon)..2-3
4.アーロンプレシンガー(KTM)…5-5
5. ジャスティン・クーパー(ヤム)…4-6
6.ジェイソン・アンダーソン(カウ)…7-4
7.ディラン・フェランディス(本)…6-7
8.ジャスティン・バルシア(ガス)…10-8
9.マルコム・スチュワート(ヒュース)…9-9
10. シェーン・マケラス(スーズ)…8-10

2024 AMA 450 ナショナルチャンピオンシップポイント順位
(4ラウンド中11ラウンド後)
1.ハンター・ローレンス(ホン)…171
2.チェイス・セクストン(KTM)…165
3.ジェットローレンス(本)…163
4.ジャスティン・クーパー(ヤム)…143
5.アーロンプレシンガー(KTM)…134
6.ジェイソン・アンダーソン(カウ)…130
7.ジャスティンバルシア(ガス)…121
8. ディラン・フェランディス (本)…120
9.マルコム・スチュワート(Hus)…113
10. フレドリック・ノレン(カウボーイズ)…82

250 結果: ハイポイント ナショナル ナショナル
1. タイ・マスタープール(カウ)…2-1
2.ハイデン・ディーガン(ヤム)…1-2
2.チャンス・ハイマス(本)…4-3
4.下田譲(本)…3-5
5. Tom Vialle(KTM)…8-4
6.ジュリアン・ボーマー(KTM)…6-8
7. ライダー・ディフランチェスコ (ガス)…5-13
8. ピアース・ブラウン(ガス)..13-6
9.レヴィ・キッチン(カウ)…10-9
10.ジョーダン・スミス(ヤムイモ)…9-10

2024 AMA 250 ナショナルチャンピオンシップポイント順位
(4ラウンド中11ラウンド後)
1.ハイデン・ディーガン(ヤムイモ)…191
2.チャンス・ハイマス(本)…159
3.トムヴィアーレ(KTM)…153
4. レヴィ・キッチン(カウ)…144
5. 下田 譲(本)..136
6. タイ・マスタープール(カウボーイズ)..116
7.ジャレク・スウォル(トライ)…116
8.ピアース・ブラウン(ガス)…109
9.ジュリアン・ボーマー(KTM)…103
10.ジョーダン・スミス(ヤムイモ)…82

 

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントは締め切りました。