ハングタウン・ナショナルを観戦しよう: このレースを見逃した人は、何か特別なことを見逃したことになる

2024年のハングタウン250/450ナショナルでは大きな出来事がありました。ジェット・ローレンスは450での最初の大きなスタートで苦しみ、立ち上がったにもかかわらず、ポイントを獲得できる位置に戻ることができませんでした(第24モトで450位で終了)。一方、チェイス・セクストンは第24モトではまったく別のライダーのように見え、先頭に上り詰めて、ジェットのXNUMXナショナルの連勝をXNUMXモトで止めました(昨年のナショナルと今年のナショナルを合わせた場合)。

ジェットは第2レースに出場したが、レース前半はトップ近くを走っていたものの、大幅に調子を落としていた。しかし、第2レースでは6位に後退し、セクストンに周回遅れにされた。

しかし、ジェットの物語のはるか後ろで、第40レースで大きな話題が巻き起こった。チェイス・セクストンは2003周目にスピンアウトして転倒。125位でレースに復帰し、皆を驚かせたのは、125年のバッズクリーク2006ナショナル(ジェームス・スチュワートがレース中のすべてのライダーを抜いて450クラスで優勝)と39年のミルビル1ナショナル(リック・カーマイケルが全フィールドを周回)以来の快挙を成し遂げたのだ。セクストンは憑りつかれたように走り、1人のライダーを抜いて最後のラップでKTMのチームメイトであるアーロン・プレシンジャーを捕まえて450-2022の座を獲得した(XNUMX年以来初のAMAXNUMXナショナル優勝)。

一方、ハイデン・ディーガンはパラ250ナショナルズでの勝利に続き、レヴィ・キッチンとチャンス・ハイマスをパスして第1モトで優勝した。第2モトはハイデンにとってうまくいかなかったが、それでもトップを走りながらハンドルバーから蹴り飛ばされて空中に飛び上がり、コマのように回転するなど、印象的なパフォーマンスを見せた。KTMのトム・ヴィアレは転倒したスター・ヤマハのライダーを猛スピードで追い抜いてモト優勝を飾ったが、ディーガンはすぐにペースを上げてXNUMX位をキープし、総合XNUMX-XNUMX位で勝利を収めた。

450 結果: ハングタウン・ナショナル
1.チェイス・セクストン(KTM)…1-1
2.ハンターローレンス(ホン)…2-4
3.アーロンプレシンガー(KTM)…5-2
4.ジャスティン・クーパー(ヤム)…4-3
5.ジェイソン・アンダーソン(カウ)…3-5
6.ディラン・フェランディス(本)…6-8
7.ジャスティン・バルシア(ガス)…8-7
8.マルコム・スチュワート(ヒュース)…7-9
9. フレドリック・ノレン(カウボーイズ)…9-10
10. クリスティーナ・クレイグ(ハス)…12-11

2024 AMA 450 ナショナルチャンピオンシップポイント順位
(2ラウンド中11ラウンド後)
1.チェイス・セクストン(KTM)…90
2.ハンター・ローレンス(ホン)…82
3.アーロンプレシンガー(KTM)…69
4.ジャスティン・クーパー(ヤム)…69
5.ジェイソン・アンダーソン(カウ)…67
6.ジェットローレンス(本)…66
7. ディラン・フェランディス (本)…62
8.ジャスティンバルシア(ガス)…61
9.マルコム・スチュワート(Hus)…57
10. フレドリック・ノレン(カウボーイズ)…46

250 結果: ハングタウン・ナショナル
1.ハイデン・ディーガン(ヤム)…1-2
2. Tom Vialle(KTM)…4-1
3.レヴィ・キッチン(カウ)…3-3
4.チャンス・ハイマス(本)…2-4
5.下田譲(本)…7-5
6. ピアース・ブラウン(ガス…5-10
7.ジャレク・スウォル(トライ)…8-8
8. タイ・マスタープール(カウ)…6-11
9.ジュリアン・ボーマー(KTM)…9-9
10. ケイシー・コクラン(ハス)..12-12

2024 AMA 250 ナショナルチャンピオンシップポイント順位
(2ラウンド中11ラウンド後)
1.ハイデン・ディーガン(ヤムイモ)…97
2. レヴィ・キッチン(カウ)…84
3.トムヴィアーレ(KTM)…81
4.チャンス・ハイマス(本)…78
5.下田譲(本)…62
6.ジャレク・スウォル(トライ)…61
7.ピアース・ブラウン(ガス)…55
8.ジュリアン・ボーマー(KTM)…48
9.ネイト・スラッシャー(ヤム)…46
10. ジョーイ・サヴァジー (トライ)…41

 

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントは締め切りました。