「ビッグ XNUMX」が水素二輪車エンジン開発で力を合わせる

「ビッグ XNUMX」が水素二輪車エンジン開発で力を合わせる

こちらは昨年のEICMAで披露された1000ccカワサキ水素エンジンです。 水素はクイックチェンジキャニスターに入れて運ばれます。

ヤマハ、ホンダ、カワサキ、スズキは、二輪車用水素エンジンの開発に向けた技術研究組合「HySE(Hydrogen Small Mobility & Engine technology)」を設立したと発表した。 彼らは、水素の使用には、オートバイの燃料タンク容量が限られていることは言うまでもなく、火炎速度が速く、点火範囲が広いため、不安定な燃焼が生じることが多いなど、技術的な課題があることを理解しています。 HySEのメンバーは、それぞれの豊富な専門知識を活かして基礎研究に取り組み、小型モビリティの水素エンジンの設計基準の確立とこの分野の基礎研究の推進という共同使命を目指して協力していきます。

このアイデアは、日本の四大オートバイメーカーが技術的な作業負荷を共有することです。
(1) ホンダは水素燃料エンジンのモデルベース開発の研究に注力する。
(2) スズキは水素燃料エンジンの機能、性能、信頼性を研究する。
(3) ヤマハとカワサキは、実際の水素を燃料とするエンジンを用いた実証研究を実施し、小型モビリティエンジンの水素充填システムや水素タンクの研究を行う。
(4) また、トヨタは四輪車用の大型水素燃料パワーユニットの設計ノウハウを活用する。

 

\

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントは締め切りました。