フランスグランプリを見て、ロマン・フェーブルが勝ったのに負けた理由を見つけてください

フランスのMXGPがサンジャンダンジェリで開催!非常に予測不可能な天候で、ファンにとってはロマン・フェーヴルの3-2で総合勝利に十分だと思われたが、実際はそうではなかった。レースディレクターは、黄色旗が振られた際にダブルジャンプをした1人のライダーにペナルティを科した。このペナルティのドロップにより、彼の 6-1 は突然 4-450 となり、フェーブルよりわずか 5 点の差がつきました。ジェフリー・ハーリングスは、ホルヘ・プラドの最終ラップパスのおかげで、第29モトを獲得しました。最終的にハーリングスは総合XNUMX位、プラドは総合XNUMX位となった。ティム・ガイザーがXNUMXポイントのリードを独占し、プラドにXNUMXポイント差、ロマン・フェーヴルにXNUMXポイント差を付けた。

世界選手権ポイント: 450クラス
1. Tim Gajser(本)…348
2.ホルヘプラド(ガス)…343
3.ロマン・フェヴル(カウ)…319
4. Jeffrey Herlings(KTM)…287
5.ポールズ・ジョナス(本)…253
6.ジェレミー・シーワー(カウ)…234
7. カルビン・フラーンデレン(ヤムイモ)…223
8. グレン・コールデンホフ (ファン)…200
9. ケビン・ホーグモ (本)…145
10.バレンティンギヨッド(ホン)…130

フランス250GPでは、ルーカス・コーネンが泥だらけのフランスGPで250GPで1年連続優勝を果たした。彼の1勝250敗の成績は、3ポイントのリーダーであるケイ・デ・ウォリの2勝250敗と、現在2ポイントの世界チャンピオンであるアンドレア・アダモの4勝52敗を上回った。ケイ・デ・ウルフは依然として大きなポイントリードを保っており、シモン・レンゲンフェルダーとは59ポイント、コーネンとはXNUMXポイントの差がある。

世界選手権ポイント: 250クラス
1.ケイドウルフ(Hus)…342
2. サイモン・レンゲンフェルダー(ガス)…290
3.ルーカス・コーネン(フス)…283
4.リアム・エバーツ(KTM)…268
5.アンドレア・アダモ(KTM)…257
6. Thibault Benistant(山芋)…226
7. ミッケル・ハールプ (トライ)…216
8.リック・エルジンガ(ヤムイモ)…211
9. サッシャ・コーネン(KTM)…159
10. カムデン・マクレラン (トライ)…126

 

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントは締め切りました。