レムグレンヘレンモトクロスレポート:生き残った世界大戦450

今週末のレースは、2018年のトップライダーにハードウェアを配布する最初の機会でした。 ヴァルタミエッティは、2018年にグレンヘレンで最も多くのライダーのポイントを獲得しました。彼はXNUMXレースで足を折ることができましたが、XNUMX連勝のブールウェアカップを獲得するのに十分なマージンを持っていました。

Debbi Tamietti、Dan Alamangos、Jon Ortnerによる写真

REMモトクロストラックは、より有名なグレンヘレンナショナル/グランプリトラックの上と後ろにある隠された宝石です。 これは、SoCalのオリジナルのモトクロストラックのXNUMXつでした(REMトラックがアロヨサイクルパークとして知られていた頃)。 アロヨは、巨大なグレンヘレン施設の遠隔公園として長年使用されていませんでした。 ATVの練習、ビンテージレース、さらにはRed Bull X-Fightersのキャッチオールトラックとして使用されましたが、REMプロモーターがカールスバッドレースウェイから上ったとき、彼らはそれを素晴らしいモトクロス施設に組み込みました。

コールトンプキンスは450プロの勝者で、1-2でした。 実際、アメリカ人ライダーは1-2-3でした。

それは信じられないほどの獣医の支持者がおり、30歳から65歳までのクラスに対応しています。 しかし、世界中で有名な顧客がもうXNUMX人います。 外国人ライダー、バカンスライダー、モト観光客が参戦したい場所です。 今週はスウェーデン、ノルウェー、オーストラリア、イギリス、オランダ、南アフリカ、日本、ドイツからのレーサーがいました。

このXNUMX月とXNUMX月は数十年で最も雨が多いです。 残念ながら、洪水のために多くのレースがキャンセルされましたが、良い面として、雨が丘を下って砂を洗い流し、REMのストレートに戻りました。 ここでは、ジョンヒューゲルが分解した花崗岩の大部分を食べています。

今週の土曜日のREMモトクロスを見てください。 それは、REMトラックの絶えず上昇と下降の地形に挑戦することをいとわない外国人でいっぱいでした。

Josh Kaller(15)は、3 Proクラスで5位から450位になり、総合XNUMX位となった後、初めての給料を獲得しました。 それは、若いプロの人生にとって重要な日です。

割合での自転車のブランド別の内訳(23月XNUMX日)

今週、KTMは各ブランドを38%でレースするライダーの数でトップに躍り出ました(前回のレースでは、KTMとヤマハがトップの座を獲得しました)。 ヤマハは26番目で、レーサーのXNUMX%が青です。 大きな驚きは、ハスクバーナがホンダをXNUMX位で上回り、今週のREMではカワサキスとスズキ(合計)よりも多くのTMがあったことです。
1. KTM…38%
2. ヤマハ…26%
3. ハスクバーナ…15%
4. ホンダ…11%
5. TM…5%
6. 川崎…4%
7. 鈴木…2%

ブラッドリーデントン(474)は450プロクラスのXNUMX位でした。

英国のカートニコルは、FIMの500回世界モトクロス選手権で53回準優勝し、現在はモトクロスバケーションキャンプを運営しており、可能な限りレースを行っています。 450歳のカートはVet Proクラスで優勝しましたが、XNUMX Proクラスの前を走っていました。

元AMAプロのJon Ortner(1)とBill Joe Mercier(501)は、彼らが一緒にレースをしているように見えましたが、長い間ではありませんでした。 MercierはOver-40 Proクラスで優勝し、OrtnerはOver-50 EliteクラスでXNUMX位でした。

マイクモナハンは1980年代にハッチバーナのミッチペイトンのプロサーキットチームに参戦しました。 マイクは、YZ6 50ストロークで、60を超えるエキスパートクラスで250位、XNUMXを超えるエキスパートクラスでXNUMX位でした。

ノルウェーのベガードファルマー(387)は、2 Proクラスで8-450で勝利しました。

ノルウェー出身の1人のライダーの中で、Cornelius Toendelが最も成功し、Toendelは1 Proクラスで250-450になりました。 Corneliusは、XNUMXパックを前に走っていたので、自分の競争を振り返る必要はありませんでした。

日本人ライダーの大倉洋介は、2プロクラスで2位、総合250位。

デビッドシンコッタの2-3は、40を超えるエキスパートクラスで73番目に十分でしたが、1-1になったオランダ人ライダーのラルフシュミット(3)と南アフリカのアランジュリアン(4-XNUMX)の間に挟まれました。

元日本代表の冨田敏樹選手が2018 AMA 450ナショナルでチームホンダ(総合14位)に参戦し、日本のモトクロスデネーションチームに所属しています。 REMで、富田はいくつかの問題の後、最初のモトで9位でしたが、450番目の4プロモトで総合XNUMX位を獲得しました。

Toa Kishi(01)が3 Proクラスで4位から250位になりました。 日本のライダーは250プロクラスでXNUMX位とXNUMX位、ノルウェー人はXNUMX位とXNUMX位でした。

Josh Fout(55)は、レースMXAの2019-1 / 2 Husqvarna FC450 Rockstar Editionと2019-1 / 2 KTM 450SXF Factory Editionに割り当てられたXNUMX人のMXAテストライダーのXNUMX人でした。

ジャスティンマスカット(58)は、MXAの2019-1 / 2 450SXFファクトリーエディションを5プロクラスで7〜450日レースしました。

Mark Moore(103)、Bill Seifert(37)、MXAのJody Weisel(38)がフォーメーションの丘を下り始めます。

もう6人のノルウェー人であるRunar Sudmanは、3 Proクラスで250〜XNUMX勝ちました。

富田敏樹(718)と大倉洋景(46)は、少しジェットコースターのアクションを楽しみにしています。 オークラは250プロクラスでXNUMX位。

ピートマレー(25)は、ジョンオートナー、クレイグデイビス、ロバートレイジンガー、ロンシュラーのトップ50の前で、オーバーXNUMXエリートクラスを総合的に獲得しました。

スウェーデングランプリライダー、マルチタイムISDTゴールドメダリスト、AMAホールオブフェイマー、トルステンホールマンオフロードプロダクツ(THOR)の共同創設者Lars Larssonは、驚かれ続けています。 78歳のとき、MXAの5ヤマハYZ65Xクロスカントリー2019ストロークで250歳以上の中間クラスでXNUMX位を獲得しました。

Lance Sloane(124)は、Over-50初心者クラスで優勝しました。 チャッククック(827)は413位、マイクヒリオン(XNUMX)はXNUMX位でした。

マーククロスビー(18)は、KTM 250SXをREMトラックの後ろからXNUMXストロークで飛ばします。

ギリシャのクセノフォンアンデルス(5)が2対1と1対2でエイドリアンスパイカーとモト勝ち。 ギリシャ人は40以上の中間の勝利を取った.

Mark Oetzell(N23A)は、モトクロス番号よりも空間座標に似たレーシング番号と、モトクロスよりスピードウェイなスタイルを持っていますが、彼はそれを機能させました。 マークは獣医初心者クラスで2位に3対XNUMXで進みました。

このライダーの背後にある印象的な崖は、10秒前にこのライダーが崖の頂上にいて、下に急降下してからXNUMX階にある最後のジャンプに戻ったことに気付くと、さらに印象的になります。

結局のところ、ケントリードはKTM 450SXFよりも多くの汚れを落とす必要がありました。

REMは、9月16日と23日にグレンヘレンで、XNUMX月XNUMX日にカフラクリークで再びレースを行います。 REMモトクロスの詳細については、 www.remsatmx.com.

あなたはおそらくそれも好きでしょう