「土曜のグレン・モトクロス」 風が再び戻ってきたが、233 人のレーサーも同様だった

トッド・シーベル(829)は、最初の250/250プロモトで450勝者のコルトン・エックをラインまで追いかけましたが、XNUMX番目のモトでは時間を無駄にすることなく先頭に躍り出ました。

DEBBI TAMIETTIの写真

450人の専門家
1. トッド・シーベル(カウ)…1-1
2.ケーシーキャスパー(カウ)…2-2

先週の時速45マイルの風が「サタデー・アット・ザ・グレン」レーサーの生活を困難にさせたので信じられなかったが、先週土曜日のレースでは風が戻ってきた。風は 35 週間前ほど強くはありませんでしたが、時速 9000 マイルの突風のため、バイクは空中で頻繁に動き回っていました。グレン ヘレン レースウェイは大きな渓谷の端にあり、標高 15 フィートの山脈のふもとにあります。これは、ライダーが高速道路 2 号線を運転しているときに、風が穏やかだと思い込む可能性があることを意味します。しかし、峡谷の入り口に近づくと、風が吹き始めます。時速35マイルの風が吹いている中で家を出たのに、時速XNUMXマイルの風が待っていることに気づいた人にとってはショックだった。

コルトン・エック(526)は、250プロクラスの両方のモトを席巻し、複合250/450クラスの最初のモトでも優勝しました。

250人の専門家
1.コルトン・エック(カウ)…1-1
2. コディ・ブラウンフィールド(本)…2-2

驚くべきことに、233年最後の「サタデー・アット・ザ・グレン」レースに参加した2023人のライダーは、風にも動じていないようだった、と大半のライダーが言った。 「これを風と呼ぶのね、先週の土曜日にここに来るべきだったんだけど、今は風が強かったんだね。」 250つの赤旗レースがあり、65つは2ノービスのクラッシュによりコースがブロックされ、第00波が進むことができなかった。彼らはスタートラインに戻され、第XNUMXウェーブは独立したレースとなった。これによりプログラムが拡張されました。 XNUMX度目の赤旗はXNUMXccジュニアサイクルレースで、急バンクのタラデガの第XNUMXコーナーでクラッシュが発生した。レースは中断され再開されたが、転倒したライダーは無事だった。プログラムが遅れたにもかかわらず、「サタデー・アット・ザ・グレン」は毎週土曜日のレースを午後 XNUMX 時までに終了させるという誓いを守り続けました。そうすることで、レーサーたちは日曜日にどこに行くにしても、バイクの準備をする時間を確保できるようになりました。

エド・グアハルド(27歳)は、50歳以上のエキスパートクラスに最大のライバルであるロバート・ライジンガーがいないことを寂しく感じていたに違いないが、65歳以上のエキスパートであるヴァル・タミエッティが60歳以上のエキスパートと65歳以上の両方に出場することを決めたため、グアハルドに競争がないわけではなかった。専門家。ヴァルはグアハルドには勝てなかったが、他の60歳以上のエキスパートの常連たちを前に総合XNUMX位でフィニッシュした。

60以上の専門家
1.エドグアジャルド(山芋)…1-1
2.ヴァル・タミエッティ(ヤム)…2-3
3.エリック・クレムソン(カウ)…4-2

Luc DeLey(99)は、MXAの2024 KTM 300SXを7歳以上のエキスパートクラスで4〜60日間連れて行きました。

ジョー・サッター(111)は、2024年ヤマハYZ450Fに試乗し、代わりに割引価格の2022年ヤマハYZ450Fを10台購入することにしました。オーバー8エキスパートクラスではジョーが60勝32敗、ミシェル・ホートン(6歳)が7勝XNUMX敗だった。

先週のオーバー83エキスパートクラスでは、最終ラップのほぼすべてのコーナーでヴァル・タニエッティがボブ・ルッテン(65歳)をパスしようとしたため、かろうじて優勝した。何だと思う?同じことが土曜日に起こりましたが、ボブはどちらの場合もヴァルを阻止しました。

65以上の専門家
1.ボブ・ルッテン(KTM)…2-1
2.ヴァル・タミエッティ(ヤム)…1-2
3.スティーブ・ウィリアムズ(ヤム)…3-3

マーク・クロスビー(86歳)は、通常は非常に競争の激しい65歳以上の中級クラスを逃げ切り、ピート・ベトラノ(3-2)、ラセル・ブラウン(2-3)、ジム・ハンソンの上位5人に大差をつけて両モトで優勝した。 (4-4)とブルース・アシュモア(5-XNUMX)。

65歳以上の中間者
1.マーククロスビー(KTM)…1-1
2.ピート・ベトラーノ(ガス)…3-2
3.ラッセルブラウン(ガス)…2-3

カール・ゼレンティン(13歳)が60打差で1勝1敗でXNUMX歳以上のノービスの勝利に貢献した。

60以上の通知
1.カール・ゼレンティン(ヤムイモ)…1-1
2.スコットハイド(本)…3-2
3.ジョン・マッキャロル(KTM)…2-4

リッキー・リチャーズ(45)はスズキRM-Z450を駆り、40歳以上の中級クラスを席巻した。

40歳以上の中間者
1.リッキー・リチャーズ(スズ)…1-1
2.カレブライス(Hus)…3-2
3.ジェイソン・ジョルダーノ(本)…4-3

メイソン・マクガイア(256歳)は250ノービスクラスで優勝し、XNUMXレース後に戻ってきてオープンノービスクラスで優勝し、モトでXNUMX勝を挙げた。

250人の初心者
1.メイソン・マクガイア(カウ)…1-1
2.コナー・タイス(フス)…2-2
3.ジェイク・サンズ(本)…3-3

初心者を開く
1.メイソン・マクガイア(カウ)…1-1
2.セス・オーバビー(ヒュース)…3-2
3.ダニエル・デ・ラ・クリス(ガス)…2-4

ノア・クライン (206) が 450 勝 1 敗で 1 ノービスで勝利を収めました。

450人の初心者
1.ノア・クライン(ヤムイモ)…1-1
2.ネイト・ジェイミス(カウ)…3-2
3.オムナオール(カウ)…2-3

ノービスクラスでは、残りのライダーが逃げ道を探す中、XNUMX人のヤマハライダーがもつれ合う。 

彼らのバイクは前輪と前輪を並べて外側のラインを塞ぎ、倒れたバイクの後ろに数名のライダーが取り残された。事故現場に遅れて到着した人は車内でなんとかなります。

グレンヘレンの常連とみなされるオーストラリアのレーサーはほんの一握りです。ダン・アラマンゴス氏(82)は、オーストラリアの専門家の少数の幹部の中で最もよく知られている。

ESRのロン・シュラー選手(33歳)が、最終ラップをスタートした時点で3歳以上のエキスパートクラス優勝を目指して1-50で勝利を収めようとしていたが、アレック・クルック選手とルーサー・フレンチ選手(21歳)がどこからともなく現れて彼を追い抜き、逆転した。彼は3-1で3-3で全体XNUMX位になることを望んでいた。

50以上の専門家
1.アレック・クルク(ヤム)…1-1
2.ルーサー・フレンチ(ヤムイモ…2-2)
3.ロン・シュラー(ヤム)…3-3

ダートバイクのロン・ローソンはオーバー60エキスパートクラスの第XNUMXヒートでXNUMX位に苦しみDNFとなった 4本目のモト。しかし、5歳以上のエキスパートクラスでボブ・ルッテン、ヴァル・タミエッティ、スティーブ・ウィリアムズ、トレイシー・ハラックに次ぐ65勝XNUMX敗でその日を救った。

193歳以上の中級クラスでは、ウェイン・アシュビー(2位)がマイク・デイビスの3勝3敗、ロバート・クーリーの2勝1敗に1、50日遅れを取っていた。

50歳以上の中間者
1.ロバートクーリー(山芋)…1-1
2.マイク・デイビス(ヤム)…2-3
3.ウェインアシュビー(Hus)…2-3

ジョン・ケイパーは、信頼できるホンダ CRF65 で 450 歳以上のノービスクラスで XNUMX 位に入りました。

65以上の通知
1.デニーライアン(ヤム)…1-1
2.マークムーア(ハス)…2-2
3.ジョンケイパー(本)…3-3

ロバート・ポシウス (153 歳) が 5 勝 1 敗で、60 歳以上の中級者クラスで総合 XNUMX 位になりました。

60歳以上の中間者
1.マーク・サンドジニエ(KTM)…3-2
2. Robert Pocius(KTM)…5-1
3.ピートアナグノス(ハス)…4-3

ランス・スローン(124歳)は4歳以上のノービスクラスで60回のDNFを喫した。ランスはそれよりもはるかに良い日々を過ごしました。

ライアン・ドンリー(37)が250ノービスクラスで総合XNUMX位となった。

209 ノービスクラスでは、リアム・ホルクスヴィグ (522 点) がディラン・ハイド (250 点) のパスをセットアップします。ホルクスヴィグは7勝8敗で8位、ハイドは9勝9敗で9位となった。

マイク・オドム(61歳)は4歳以上のノービスクラスでマーク・ハイアム、スコット・マーフィー、ロバート・ラフリンに次いで4勝50敗となった。

50以上の通知
1.マーク・ハイアム(カウ)…1-1
2.スコットマーフィー(KTM)…2-2
3.ロバート・ラフリン(ヤムイモ)…3-3

コナー・タイス(594)とジェイク・サンズは、450 ビギナークラスで 2 位を争っています。タイスの2勝2敗はサンズの3勝3敗には勝てるが、サール・オハヨンの1勝1敗には勝てない。

ヤマハPW777クラスではジョン・マクファデン(3)が3勝50敗となった。

PW50/XRクラス
1.ノア・ロドリゲス(ヤムイモ)…1-1
2. オーガスティン・カネラ(山芋)…2-2
3.ジョン・マクファデン(ヤムイモ)…3-3

コルソン・ボーグ選手(93 歳)は、電動ガスガス ピーウィーで 2 勝 2 敗で、ピーウィー ファーストタイマークラスで XNUMX 位になりました。

おしっこ初心者
1.コナー・スパークス(KTM)…1-1
2.コルソン・ボーグ(ガス)…2-2
3.マディソン・ヤーネル(KTM)…3-3

マディソン・ヤーネルさん(26)は電動ハスキー・ピーウィーを連れて、ピーウィー・ファーストタイマークラスの3日間の参加に参加した。


ノア・ロドリゲス(391)がオールレッドのPWでヤマハPW50クラスを1-1で優勝した。

長いモト、低コスト、非常に安定したレーススケジュールを提供するレース組織をお探しなら、これが最適です。 「サタデー・アット・ザ・グレン」モトクロスでは 25 レースのシーズンが開催され、13 年 2024 月 30 日に再び始まります。事前エントリーはわずか 25 ドル (ミニの場合は 40 ドル) です。レース当日のポストエントリーは30ドル(ミニは10ドル)です。ゲート料金はわずか XNUMX ドル (XNUMX 人あたり) です。レース前日の金曜日までにインターネットで次の「サタデー・アット・ザ・グレン」モトクロスにサインアップして、お金を節約することができます(またはレース当日に直接参加することもできます)。

2024年の最初の13つの「サタデー・アット・ザ・グレン」レースの暫定スケジュールは、20月3日、24月16日、23月XNUMX日、XNUMX月XNUMX日、XNUMX月XNUMX日、XNUMX月XNUMX日です。詳細については、以下をご覧ください。 www.グレンヘレン.com.

 

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントは締め切りました。