速報! SHIMODAがGEICOHONDAのクロージング後にPROCIRCUITKAWASAKIに参加

Jo Shimoda Pro Circuit Kawasaki-3

速報! JO SHIMODAがGEICOHONDAの閉会後、モンスターエナジープロサーキット川崎チームに参加

Factory Connection GeicoHondaチーム以来 プロレーシングからの離脱を発表 2020年のナショナルシーズンの終わりに、元ファクトリーのホンダCRF250ライダーが2021年のレースシーズンの計画を理解するのは土壇場での争いでした。 物事はしばらくの間空中に浮かんでいました、しかし結局カードは彼らがしたところに落ちました。 元GeicoHondaライダーのそれぞれが終わった場所は次のとおりです。

クリスチャンクレイグ 長年のGeicoHondaライダーであり、Geicoがスポンサーシップを撤回するずっと前に、スターレーシングヤマハに乗るための契約を結んだため、2021年にどのチームに乗るかについてストレスを感じる必要がなかった唯一のGeicoライダーでした。ファクトリーコネクションホンダチーム。

ジェレミー・マーティン 2021年のホットチケットであり、彼はプロサーキットカワサキまたは彼の古い同盟国であるスターレーシングヤマハチームのどちらかを決定していました。 結局、彼はスターとの血が悪かったために出発しましたが、ジェレミーとチームは彼らの問題について話し合い、2021年に再び一緒にレースに行く計画を立てることができました。 こちらをクリックしてください。 ジェレミーが彼の決定について話している最新のインタビューを読むために。

ジェットローレンス と彼の兄弟 ハンター・ローレンス ファクトリーHRCホンダチームとのユニークな機会を得ました。 以前はHRCテントは450のみでしたが、現在はローレンス兄弟が2021年に赤字を維持するためにXNUMXつのポジションを作成しました。 こちらをクリックしてください。 詳細を読むために。

カーソン・マンフォード 彼は2021年にホンダがサポートするシャパレルホンダチームに乗ることを発表しました。カーソンが彼の新しいバイクに乗っている最新のMXAビデオをチェックしてください。 こちらをクリック.

最後に、 下田城 モンスターエナジープロサーキットカワサキチームとの契約が本日10月XNUMX日に正式になりましたth、2021年のモンスターエナジースーパークロスシーズンの最初のラウンドのちょうどXNUMX週間前。 以下のカワサキの公式プレスリリースをお読みください。

川崎公式プレスリリース:カリフォルニア州フットヒルランチ(10年2020月2020日)–装飾されたMonsterEnergy®/ ProCircuit / Kawasakiチームは、2021年のMonster EnergySupercrossの「ルーキーオブザイヤー」受賞者であるJoを追加して、すでに積み上げられた名簿に深みを加えます。 2021年のレースシーズンに向けた下田。 下田は、長年のチームグリーン™レーサーであるオースティンフォークナーに、ジョードンスミス、キャメロンマカドゥー、そして最新のモンスターエナジーカワサキチームグリーンのアマチュアモトクロス卒業生であるセスハムメーカーと共に、まったく新しい250KX™XNUMXモーターサイクルに加わりました。

Jo Shimoda Pro Circuit Kawasaki新しい番号と新しい乗り物を持った下田城。

「下田城は昨シーズン後半に発売されました。」 プロサーキットのオーナー、ミッチ・ペイトンは言った。 「彼の素晴らしい才能と新しい2021カワサキKX250で、それは成功の秘訣になると私たちは感じています。 ジョーはルーキースーパークロスシーズンで輝きを放ち、キャリア最高のモトポディウムフィニッシュでモトクロスシーズンを終えました。 ジョーが他のXNUMX人の才能あるライダーとそれを混ぜ合わせて、彼ら全員が来シーズンのチャンピオンになるという彼らの目標に向かって努力するのを見るのを楽しみにしています。」

2021 MONSTER ENERGY PRO CIRCUIT TEAMモンスターエナジープロサーキットカワサキは2021年にラインナップ。左から下田城(30)、キャメロンマカドゥー(31)、オースティンフォークナー(38)、セスハムメーカー(150)。

正直なところ、来年はどうなるかわからなかったけど、モンスターエナジー/プロサーキット/カワサキチームとミッチペイトンのおかげで、来年はこれ以上ワクワクすることはなかった」と語った。 下田は言った。 「モンスターエナジー/プロサーキット/カワサキレースチームのような象徴的なチームと一緒にいて、彼らが今年私にチャンスを与えるのに十分な私の能力を信じていることを知って本当に嬉しいです。 まったく新しいKX250を数回テストすることができましたが、初日は速さのせいですべてを飛び越えていました。 この機会に本当に感謝し、興奮しています。それを最大限に活用するつもりです。」

Jo Shimoda Pro Circuit Kawasaki-2下田城はすでに新しいバイクで快適に見えており、彼が数週間乗っていることを私たちは知っています。

下田と2021年のモンスターエナジー/プロサーキット/カワサキレーシングチームは、別のチャンピオンシップキャンペーンに向けて配置され、2021年のモンスターエナジーAMAスーパークロス、FIM世界選手権、およびAMAプロモトクロス選手権の準備を開始しました。

あなたはおそらくそれも好きでしょう