2021 AMA MOTOCROSS国別ポイントラウンド3以降

2021 AMA MOTOCROSS国別ポイントラウンド3以降

レースは、2021年のプロモトクロスシーズンで再びアドレナリンラッシュでした。 250クラスでは、ジャスティンクーパーがトラックのファステストラップタイムを獲得し、ケンロッツェンが450の中で最速のプレミアクラスのライダーでした。 雨が降り、モトごとに天気が変わり、群衆は夢中になりました。 下にスクロールして、ゲートが落ちたときに何が起こったのか、お気に入りのライダーがポイントチェイスのどこに着地したのかを確認してください。

2021 HIGH POINT NATIONAL | フルカバレッジ


チャド・マレーとトレヴァー・ネルソンの写真

450ポイントスタンディング

ディラン・フェランディスはプレミアクラスの新しいポイントリーダーであり、ケン・ロッツェンでXNUMXポイントのアドバンテージを持って先導しています。 

最初のモトでは、モトの勝利をつかむのはアダム・チャンチャルーロでしょう。 ディラン・フェランディスが450位になり、ケン・ロッツェンがXNUMX位になりました。 XNUMXのモトで起こったすべての混乱と行動を説明するのは難しいので、すべてのばかげた行動を読みたい場合は、をクリックしてください こちらで注文を追跡できます。。 2番目のモトでは、トップ2のトレードされた場所として、トップライダー間の最も狂った戦いのいくつかを見て、たくさんの緊密なコールがありました。 しかし、エリがXNUMX位を獲得した後、アダム、ディラン、ケンがそれをだましている間、彼は他の人をほこりの中に残しました。 最終的に、ディランとケンはアダムの周りを歩き回り、XNUMX人はXNUMX番目とXNUMX番目になります。 ディランフェランディスのXNUMX-XNUMXは、ヤマハバイクの総合優勝と真新しいレッドプレートを意味します。

POS。 # NAME 合計ポイント
1 14 ディラン・フェランディス 133 
2 94 ケン・ロッツェン 130 
3 7 アーロン・プレシンジャー 103 
4 9 アダム・シアンシアルーロ 101 
5 23 チェイスセクストン 101 
6 51 ジャスティン・バルシア 96 
7 3 エリ・トマック 86 
8 2 クーパーウェッブ 76 
9 25 マーヴィン・マスキン 76 
10 29 クリスチャンクレイグ 72 
11 17 ジョセフ・サヴァジー 54
12 15 ディーン・ウィルソン 39
13 34 マックスアンスティ 39
14 19 ジャスティン・ボーグル 35
15 1 ザカリー・オズボーン 33
16 72 コティ・ショック 30
17 21 ジェイソン・アンダーソン 29
18 43 フレドリック・ノレン 26
19 28 ブランドンハートランフト 19
20 715 フィリップ・ニコレッティ 9
21 951 ライアン・スラット 9
22 177 アレッサンドロ・ルピノ 8
23 515 タイラー・メダリア 6
24 376 クリス・カニング 4
25 74 ミッチェル・フォーク 3
26 57 ジャスティン・ロッドベル 3
27 441 スコットメシー 3
28 58 ジェイコブ・ヘイズ 2
29 314 タイラー・ステペック 1

レースに参加できなかった場合は、少なくともPeacockの2クラスの450番目のモトに注目してください。 ケン・ロッツェン、ディラン・フェランディス、アダム・チャンチャルーロの戦いはずっと続いていました。

250ポイントスタンディング

ジェットローレンスは、両方のモトで一貫して乗った後、彼の赤いプレートを維持するようになります。 

250クラスでは、Jalek Swollが総合優勝を飾り、2位のモトを獲得し、3位でXNUMX位を獲得しました。 ジャスティン・クーパーはXNUMX番目のモトを獲得したかもしれませんが、彼のXNUMX位のフィニッシュは、彼を全体でXNUMX番目にノックダウンします。 他の多くの競技者が頭上に乗って墜落したり、大きなミスを犯したりしたため、ジェットローレンスは一日中一貫して注文しました。 彼のクリーンなライディングは、全体でXNUMX秒を獲得し、XNUMX-XNUMXで進み、ホンダに赤いプレートを置いたままでした。

POS。 # NAME 合計ポイント
1 18 ジェットローレンス 132
2 32 ジャスティン・クーパー 121 
3 41 ハンター・ローレンス 90 
4 47 ジャレク・スウォル 88 
5 64 コルトニコルズ 87 
6 48 ギャレットマーチバンクス 85 
7 38 オースティンフォークナー 77 
8 6 ジェレミー・マーティン 72 
9 30 下田譲 68 
10 24 RJハンプシャー 67 
11 90 ディラン・シュワルツ 48
12 42 マイケル・モシマン 46
13 39 カーソン・マンフォード 42
14 59 ジャレット・フライ 41
15 45 ピアスブラウン 40
16 115 マキシマス・ヴォーランド 39
17 75 タイマスタープール 33
18 91 ナタナエルスラッシャー 30
19 67 スタイルズ・ロバートソン 28
20 241 ジョシュア・ヴァリーゼ 19
21 220 ラミラーアルベス 14
22 150 セス・ハ​​ムメーカー 10
23 33 デレク・ドレイク 9
24 26 アレックスマーティン 7
25 557 カイルブ・ラッセル 6
26 31 キャメロン・マカドゥー 6
27 76 グラント・ハーラン 6
28 73 デレク・ケリー 5
29 667 ジェシー・フロック 3
30 604 マックスミラー 3
31 800 ジェイス・ケスラー 2
32 464 ドミニク・トゥーリー 2

ハンターローレンスは、かなり印象的な乗り心地をしたにもかかわらず、両方のモトで運が尽きました。 クラッシュとトラックバナーは、ハンターがうまく終了することの悩みの種になるでしょう。 

2021 HIGH POINT NATIONAL | フルカバレッジ

あなたはおそらくそれも好きでしょう