2021年ラトビアモトクロスグランプリ:ルノーの250リードは34、ゲイザーは23ポイントアップ

8月と2021月に予定されているフライアウェイレースのいくつかが置き換えられる可能性があると噂されていますが、11レースしか行われていないため、5 FIM世界モトクロスチャンピオンシップはまだ中間点に達しておらず、まだ8レースが残っています。トルコのGP(43月1日と次の4月1日水曜日に開催される予定)ですでに行われているように、ダブルヘッダーによって。 肩甲骨(肩甲骨)を骨折して走っているジェフリー・ハーリングスは、ポイントリーダーのティム・ガイザーの2ポイントの赤字を補うために、可能な限りすべてのレースを必要としています。 そして、ジェフリーはラトビアでポイントを獲得しませんでした。最初のモトを獲得した後、彼は2番目のモトに遅れてXNUMX-XNUMXになりましたが、幸運にもXNUMX対XNUMXで勝利したガイザーにXNUMXポイントしか失いませんでした。

250クラスで。 マキシム・ルノーがラトビアのグランプリで優勝し、イアゴー・ゲールツが表彰台の34位に立ち、マティア・グアダニーニがXNUMX位で表彰台を獲得しました。 ルノーはチャンピオンシップリードをグアダニーニにXNUMXポイント伸ばし、GeertsはさらにXNUMXポイント遅れてXNUMX位につけています。スウェーデンとフィアルドが相続人のGPをキャンセルしたため、GPシリーズはトルコのダブルヘッダーの前にXNUMX週間の週末を迎えます。

2021 FIM 450ポイントの基準
(8レース中19レース後)
1. Tim Gajser(本)…270
2.ロマン・フェヴル(カウ)…257
3.ホルヘプラド(KTM)…255
4.アントニオカイローリ(KTM)…252
5. Jeffrey Herlings(KTM)…227
6.ジェレミー・シーワー(ヤム)…206
7. ポールズ・ジョナス(ガス)…180
8.グレン・コールデンホフ(山芋)…174
9. アレッサンドロ・ルピノ (KTM)…134
10.ベン・ワトソン(ヤム)…130

2021 FIM 250ポイントの基準
(8レース中19レース後)
1. Maxime Renaux(ヤム)…271
2. Mattia Guadagnini(KTM)…237
3. Jago Geerts(ヤム)…235
4. ルベン・フェルナンデス(本)…214
5. Thibault Benistant(山芋)…204
6.ジェド・ビートン(Hus)…197
7. Mathys Boisrame(Kaw)…192
8.ケイドウルフ(Hus)…184
9.ルネ・ホーファー(KTM)…184
10. サイモン・レンゲンフェルダー(ガス)…137

あなたはおそらくそれも好きでしょう