250の全体的な認定結果| THUNDER VALLEY NATIONALサンダーバレーナショナル

250の適格な結果| 2020 THUNDER VALLEY NATIONAL

2020 AMAナショナルズは残り250ラウンドで、コロラド州レイクウッドにあるサンダーバレーナショナルでは、チャンピオンシップは1人のベテラン1ライダーに分かれています。 13度の250チャンピオンとフランス人は2020ポイント離れており、今シーズンのプロモトクロスは何かが起こる可能性があることを示しています。 Will Dylan Ferrandis win by a points lead or will Jeremy Martin close the gap and lay it down at the final round of the XNUMX Pro Motocross Season?ディラン・フェランディスはポイントリードで勝ちますか、それともジェレミー・マーティンはギャップを埋めて、XNUMX年プロモトクロスシーズンの最終ラウンドでそれを置きますか?

2020 THUNDER VALLEY NATIONAL | フルカバレッジ

250全体の予選結果

シェーン・マケルラス

250クラスのタイム予選の5回目のセッションでは、セッションの前半で全体的に2秒以上遅いラップタイムが見られました。 09回目のセッションでは、ジャレット・フライとハンター・ローレンスが上位134位を占めました。 250位のポイントリース会社であるジェレミー・マーティンがハンター・ローレンスに先んじて250位にジャンプし、ディラン・フェランディスがXNUMX:XNUMXでXNUMX位にジャンプしました。 XNUMX位のポジションはホットポテトのゲームをプレイし、シェーン・マケラスがポジションを取り、ジャスティン・クーパーがトップにジャンプし、ディランがXNUMX位に落ちました。 One thing we noticed was that the XNUMXs were struggling significantly in one section of the track despite clearing it consistently.私たちが気づいたことのXNUMXつは、XNUMXが一貫してクリアしているにもかかわらず、トラックのXNUMXつのセクションで大幅に苦労していることでした。 A large step up in the track was forcing the XNUMX riders to hit it wide open and barely make it.トラックの大きなステップアップは、XNUMX人のライダーにそれを大きく開いて打つことを余儀なくさせ、かろうじてそれを作ることでした。 Rj Hampshire then threw down a heater jumping up to the fourth position with Frye now sitting behind him.その後、Rj Hampshireはヒーターを投げ、フライが彼の後ろに座った状態でXNUMX番目の位置にジャンプしました。 However the last lap involved Jeremy Martin trying his hardest and then sitting in fourth and Dylan Ferrandis just squeezing by Cooper for the top position.しかし、最後のラップでは、ジェレミー・マーティンが一生懸命頑張ってXNUMX位に座り、ディラン・フェランディスがクーパーにトップポジションを奪われました。 

POS。 # NAME ベストタイム
1 32 ジャスティン・クーパー 2:07.574
2 12 シェーン・マケルラス 2:07.690
3 14 ディラン・フェランディス 2:08.097
4 24 RJハンプシャー 2:09.088
5 6 ジェレミー・マーティン 2:09.667
6 35 ハンター・ローレンス 2:10.238
7 134 ジャレット・フライ 2:10.386
8 488 ナタナエルスラッシャー 2:10.607
9 220 カーソン・マンフォード 2:11.369
10 30 ブランドンハートランフト 2:11.392
11 84 下田譲 2:11.552
12 57 デレク・ドレイク 2:11.598
13 26 アレックスマーティン 2:11.720
14 74 ミッチェルハリソン 2:11.834
15 29 キャメロン・マカドゥー 2:12.043
16 83 ジェットローレンス 2:12.152
17 60 ミッチェル・フォーク 2:12.423
18 67 ジェリー・ロビン 2:12.690
19 239 メイソン・ゴンザレス 2:12.909
20 374 ディラン・シュワルツ 2:13.188
21 387 ジョシュア・ヴァリーゼ 2:13.633
22 667 ジェシー・フロック 2:13.869
23 355 ジョセフクラウン 2:14.382
24 68 ニック・ゲインズ 2:14.859
25 554 ウェイド・ブロメル 2:15.118
26 310 カイ・アイエロ 2:15.298
27 874 ザック·ウィリアムズ 2:15.555
28 726 ガード・シュタインケ 2:16.119
29 135 ロバートフィッチジュニア 2:16.474
30 188 ゲージ・シェール 2:16.501
31 227 デレク・ケリー 2:16.539
32 77 ケビン・モランツ 2:16.734
33 380 プレストンキルロイ 2:16.825
34 504 ゲルハルト・マタモロス 2:16.940
35 495 ブレイクアシュリー 2:17.376
36 124 レーンショー 2:17.605

 

MOTOSのトップ36資格 

37 158 トレフィエロ 2:17.780
38 981 カレンサーマン 2:18.212
39 251 エズラ・ヘイスティングス 2:18.349
40 469 ジョシュ・ボアズ 2:18.619
41 162 マクスウェルサンフォード 2:18.943
42 266 ブレット・グリーンリー 2:19.084
43 494 リュックサントス 2:19.427
44 410 タイラー・ロウ 2:19.672
45 186 タイラーモンクス 2:20.086
46 204 カイル・グリソン 2:20.767
47 815 コルトンアイゲンマン 2:20.942
48 289 オットーバートン 2:21.212
49 364 チャド・ソーツ 2:21.308
50 183 ブランドンイェイツ 2:21.312
51 701 ジェイク・ピンハンコス 2:21.611
52 670 タイラーデュクレイ 2:21.677
53 301 ジョーダン・ジャービス 2:23.551
54 767 メイソン・ウォートン 2:23.954
55 127 ジェイコブ・ボーク 2:24.100
56 737 ザカリー・ブトキェヴィチ 2:24.485
57 631 ブランドンディクソン 2:24.966
58 245 アンドリューバロス 2:25.438
59 924 ゲージ・ハルシー 2:28.972
60 622 ザック・マレイ 2:28.973
61 203 アンドリューボッカロッサ 2:29.187
62 168 ケール・クチニツキ 2:29.571
63 721 ザカリーハリス 2:29.755
64 354 ジェイソン・ルートン 2:33.397

 

250の最初のセッションの認定結果

ジャスティン・クーパーは最初のセッションで最速の予選を通過しました。

スターヤマハは、ジャスティンクーパー、シェーンマケラス、ディランフェランディス、ルーキーデビューのネイトスラッシャー、ジャレットフライをフィーチャーした注目すべきラインナップで、タイムド予選の最初のセッションに飛び込みました。 今シーズン、予選では数人のルーキーが非常に優れたパフォーマンスを見せましたが、レースに関しては彼らの足場を見つけるのに苦労しました。 トッププロと初めてレースをする人が予選で彼らのほとんどよりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮するのを見るのはいつもエキサイティングです。 ジェレミーはXNUMX位でXNUMX位。 プロモトクロスがライブタイミングの問題を修正した後、これらはタイムド予選の最初のラウンドの最後の時間でした。

POS。 # NAME ベストタイム
1 32 ジャスティン・クーパー 2:07.574
2 12 シェーン・マケルラス 2:07.690
3 14 ディラン・フェランディス 2:08.879
4 24 Rjハンプシャー 2:08.879
5 488 ネイトスラッシャー 2:10.607
6 134 ジャレット・フライ 2:10.720
7 35 ハンター・ローレンス 2:10.720
8 6 ジェレミー・マーティン 2:10.890
9 57 デレク・ドレイク 2:11.598
10 26 アレックスマーティン 2:11.720
11 84 下田譲 2:12.172
12 72 ミッチェルハリソン 2:12.673
13 83 ジェットローレンス 2:12.786
14 29 キャメロン・マカドゥー 2:12.870
15 239 メイソン・ゴンザレス 2:12.909
16 220 カーソン・マンフォード 2:13.527
17 387 ジョシュア・ヴァリーゼ 2:13.633
18 60 ミッチェル・フォーク 2:13.712
19 667 ジェシー・フロック 2:13.633
20 30 ブランドンハートランフト 2:14.207
21 67 ジェリー・ロビン 2:14.211
22 355 ジョーイクラウン 2:14.382
23 68 ニック・ゲインズ 2:14.859
24 726 ギャレットスタインケ 2:16.119
25 227 デレク・ケリー 2:16.965
26 77 ケビン・モランツ 2:17.167
27 124 レーンショー 2:17.605
28 981 カレンサーマン 2:18.212
29 188 ゲージ・シェール 2:18.257
30 251 Eヘイスティングス 2:18.349
31 162 マクスウェルサンフォード 2:19.083
32 266 ブレット・グリーンリー 2:19.084
33 815 コルトンアイゲンマン 2:21.453
34 204 カイル・グリソン 2:21.453
35 701 ジェイク・ピンハンコス 2:21.959

 

2020 THUNDER VALLEY NATIONAL | フルカバレッジ

あなたはおそらくそれも好きでしょう