250の全体的な認定結果| 2021年オーランドスーパークロス1

250の全体的な認定結果| 2021年オーランドスーパークロス1

地平線に雨が降るのを見たとき、私たちはそれが悪いだろうと思いました。 しかし、雨が降ると、降り注いだ。 スーパークロスは雨がかなりひどいと予想していたので、オーランドのトラックは前日に防水シートで覆われていました。 Litesクラスでは、ジャンプとスタートストレートの間のトランジションの大部分が雨の大部分を占めたため、多くの喫煙エンジンが予想されます。 トラックはデザインがかなり基本的ですが、ライダーの大多数がジャンプをたくさん転がしているので、それはおそらく問題ではありません。 しかし、太陽が午後遅くにカメオを作るように見えるので、これは今日の最悪の事態かもしれません。 天候により練習がキャンセルされたため、予選は最悪かもしれませんが、ゲートが下がってもそれほど悪くはないでしょう。 それで、あなたは誰が最速のラップタイムを得ると思いますか、あるいはそれ以上に、誰が最もきれいにとどまると思いますか? フロリダ州オーランドの濡れた場所からのライブアップデートを提供しますので、以下をご覧ください。

2021オーランドスーパークロス1 | フルカバレッジ

トラビスファントとブライアンコンバースの写真

250全体の予選結果

日が続くにつれ、トラックのコンディションは大幅に改善され、ライダーはより速くトラックを打つ自信がつきました。

53.03回目の予選セッションの開始直後、クリスチャン・クレイグがいつものようにリードしました。 トラックはカリフォルニアのテストトラックと同じように形を整え始めていました。 ミッチェルオルデンバーグはXNUMX回目の予選セッションでファステストラップを獲得し、クレイグはXNUMX位に座りました。 すぐにジェットローレンスはXNUMXでラップをリードし、最初の予選セッションよりもかなり速くなりました。 コルト・ニコルズはXNUMX位に浮上したが、XNUMX周後にチームメイトがパスした。 残りXNUMX分で、コルトがリードを握り、ジェットローレンス、クリスチャンクレイグ、ジョーシモダ、ミッチェルオルデンバーグが続きました。 クリスチャンはそれから非常に速いラップタイムを投げ、最初にぶつかった。

POS。 # NAME ベストタイム
1 29 クリスチャンクレイグ 52.422
2 64 コルトニコルズ 52.710
3 18 ジェットローレンス 52.743
4 30 下田譲 53.019
5 49 ミッチェル・オルデンバーグ 53.871
6 99 ハンターセイルズ 54.357
7 773 トーマス・ド 54.475
8 95 ジョシュア・オスビー 54.575
9 241 ジョシュア・ヴァリーゼ 54.965
10 88 ローガン・カルノウ 55.036
11 122 ジェレミー・ハンド 55.351
12 76 グラント・ハーラン 55.869
13 637 ボビー・ピアザ 56.166
14 85 ケビン・モランツ 56.215
15 125 ルーク・ニース 56.334
16 124 レーンショー 56.411
17 193 ハンターシュロッサー 56.501
18 170 デヴィン・サイモンソン 57.107
19 441 スコットメシー 57.143
20 216 デヴィン・ハリマン 57.176
21 597 メイソン・カー 57.515
22 625 ジョナ・ガイスラー 57.544
23 364 チャド・ソーツ 57.545
24 437 ビンセント・ルホベイ 57.602
25 162 マクスウェルサンフォード 57.682
26 384 ロレンツォ・カンポレーゼ 57.820
27 185 ウィルソンフレミング 58.032
28 551 ギヨームSt-Cyr 58.056
29 509 アレクサンダーナジ 58.516
30 160 ヴィンセントマーフィー 58.875
31 512 オースティンコザッド 59.222
32 675 カイル・ディリン 1:00.978
33 693 ルネ・ガルシア 1:02.162
34 87 カレンサーマン 1:02.688

クリスチャンクレイグは全体的に最速タイムを獲得しました。

250クラスで多くの負傷者が出たため、グラントハーランなどのライダーはレースでトップに立つ機会を得ました。

250グループAの最初の予選セッション

最初の予選セッションはオフになり、下田城はパックをリードするフロントに突入しました。 すべてのライダーはトラックに懐疑的でしたが、トラックの状態に動じないように見えたライダーの56人はクリスチャンクレイグでした。 クリスチャンは自信を持ってジャンプをヒットし、グループを後ろに残しました。 ジェットローレンスはクリスチャンのチャージに従い、54位に座りました。54.17人は55.6分足らずのラップタイムで座っていました。 下田城はクリスチャンのラップタイムをパスし、XNUMX人はXNUMX秒のラップタイムで座った。 ポイントリーダーのコルトニコルズがXNUMX位に浮上。 ハンターセイレスはローレンスの後ろ、ミッチェルオルデンバーグのすぐ前でXNUMX位にジャンプしました。 クリスチャン・クレイグは、XNUMX位のXNUMX秒前に下田城からリードを奪い返した。 ジェットもXNUMX秒のラップタイムに上がったが、クリスチャンの速いXNUMXに追いつくことができなかった。 ミッチェルオルデンバーグもうまく走っていて、XNUMXでXNUMX位に座りました。

POS。 # ライダー ベストタイム
1 29 クリスチャンクレイグ 54.088
2 64 コルトニコルズ 54.411
3 18 ジェットローレンス 54.604
4 49 ミッチェル・オルデンバーグ 55.156
5 30 下田譲 55.554
6 95 ジョシュア・オスビー 56.913
7 99 ハンターセイルズ 56.955
8 773 トーマス・ド 57.209
9 193 ハンターシュロッサー 57.893
10 88 ローガン・カルノウ 57.926
11 241 ジョシュア・ヴァリーゼ 58.446
12 76 グラント・ハーラン 58.503
13 122 ジェレミー・ハンド 58.559
14 170 デヴィン・サイモンソン 58.815
15 85 ケビン・モランツ 59.405
16 185 ウィルソンフレミング 1:00.130
17 125 ルーク・ニース 1:00.710


クリスチャンクレイグは予選の最初のラウンドで最速の予選でした。

コルト・ニコルズは最初の予選セッションでXNUMX位になりました。

2021オーランドスーパークロス1 | フルカバレッジ

あなたはおそらくそれも好きでしょう