450の全体的な認定結果| 2021年オーランドスーパークロス1

450の全体的な認定結果| 2021年オーランドスーパークロス1

ライダーたちはインディアナポリスの凍えるような寒さから逃れたとき、指を凍らせずにコースに行くことができたことにおそらく満足していましたが、美しいオーランドで天気が別の方向に進むとは予想していなかったでしょう。 前日、トラッククルーはプレスデーの練習をキャンセルし、天候から何が起こるかを予測するためにトラックを防水シートで覆うことにしました。 一晩中そして朝を通して、フロリダはすべてを浸して土砂降りになりました。 太陽が出て予選の時間になると、タープが外れ、ありがたいことに、コースのコンディションはかなり悪化していた可能性があります。 ジャンプのトランジションの間にまだ水がありましたが、ありがたいことに、トラックは救助可能でした。 確かにそれはまだ泥まみれになるだろうが、これはおそらくライダーにとって最良のシナリオだった。 まあ、最良のシナリオは雨が降らないことですが、それはフロリダであり、何でも期待できます。 オーランドスーパークロスラウンドの最初のラウンドで、誰が最速になるかを以下で調べてください。

2021オーランドスーパークロス1 | フルカバレッジ

トラビスファントとブライアンコンバースの写真

450全体の予選結果

太陽が出た後、線路の状態はずっと良くなるように形作られました。

トラックがほぼ完璧なライディングコンディションになるように形作られたので、すぐに結果はより良くなりました。 ラップ内で、前のセッションで最速のラップタイムが過ぎ、ケン・ロッツェンが51秒のラップタイムでパックをリードしました。 ラップ後、イーライ・トマックがケンをかろうじて破ってリードを奪った。 繰り返しになりますが、パックは450クラスで非常に接近しているため、リーダーは最後の場所でライダーの前にわずか数秒しかいませんでした。 クーパーウェッブはすぐにエリからリードを奪い、プレミアクラスがトラックに慣れてきたので50秒のラップタイムを設定しました。 アダム・チャンチャルーロは、クーパー・ウェッブのちょうど.008の前で、前にジャンプしました。

POS。 # NAME ベストタイム
1 9 アダム・シアンシアルーロ 50.711
2 2 クーパーウェッブ 50.719
3 27 マルコム・スチュワート 51.044
4 1 エリ・トマック 51.060
5 94 ケン・ロッツェン 51.106
6 12 シェーン・マセラス 51.152
7 21 ジェイソン・アンダーソン 51.423
8 15 ディーン・ウィルソン 51.700
9 51 ジャスティン・バルシア 51.872
10 37 ベニー・ブロス 51.880
11 7 アーロン・プレシンジャー 51.883
12 17 ジョーイ・サヴァジー 51.904
13 14 ディラン・フェランディス 51.943
14 19 ジャスティン・ボーグル 51.967
15 20 ブロックティックル 52.029
16 25 マーヴィン・マスキン 52.065
17 16 ザック・オズボーン 52.070
18 36 マーティン・ダバロス 52.269
19 40 ヴィンスフリーゼ 52.570
20 10 ジャスティン・ブレイトン 53.043
21 44 タイラー・バウアーズ 53.833
22 11 カイル・チザム 53.981
23 81 ジャスティン・スターリング 54.011
24 280 ケイドクラソン 54.336
25 114 ニック・シュミット 54.426
26 848 ジョーン・クロス 55.132
27 722 アダム・エンティックナップ 55.191
28 805 カーレン・ガードナー 55.306
29 43 フレドリック・ノレン 55.618
30 330 Ajカタンツァーロ 55.632
31 447 デベンレイパー 55.773
32 952 ルドビック・マクラー 55.783
33 57 ジャスティン・ロッドベル 55.789
34 309 ジェレミー・スミス 55.887
35 28 ブランドンハートランフト 56.217
36 121 クリス・ハウエル 56.300
37 606 ロニー·スチュワート 56.333
38 501 スコッティ・ウェネストロム 56.381
39 421 ヴァンマーティン 56.464
40 981 オースティンポリテッリ 56.490

レースへの上位40の資格

41 282 セオドア・パウリ 56.576
42 976 ジョシュア・グレコ 57.461
43 916 ジャスティンランド 1:00.506
44 795 アーロン・レイニンガー 1:01.571

ディランはしばらく18位に座りましたが、18位はリーダーからわずか450秒遅れていました。 ええ、XNUMXクラスは近いです。

アダムチャンチャルーロは、全体で最速のラップタイムを確保しました。

450グループAの最初の予選セッション

空は降り注いでいるかもしれませんが、少なくとも天気は3度外ではありません。

トラックコンディションが良くなり始め、ファステストラップを獲得したため、クーパーウェッブがオーランドトラックを担当しました。 ジャスティン・ボーグルがクーパーを抜いてリードし、マーヴィン・マスキンがそれに続いた。 前のラウンドと同様に、予選が進むにつれてリーダーボードは絶えず変化していました。 アダム・チャンチャルーロは54.8でリードしましたが、イーライ・トマックが53.96で圧迫したので長くはありませんでした。 その後、マルコム・スチュワートは53.4のヒーターを置き、最速のスポットを獲得しました。 クーパー・ウェッブはマルコムのリードに続き、ケン・ロッツェンがトップの座を奪った後、53.24位に座りました。 しかし、エリが再び52.97で最速のラップタイムを獲得したため、ラップタイムは縮小し続けました。 残りXNUMX分で、ジェイソンアンダーソンはXNUMXでリーダーのそばを飛んだ。

POS。 # ライダー ベストタイム
1 21 ジェイソン・アンダーソン 52.971
2 2 クーパーウェッブ 52.980
3 1 エリ・トマック 53.249
4 9 アダム・シアンシアルーロ 53.281
5 94 ケン・ロッツェン 53.371
6 27 マルコム・スチュワート 53.452
7 19 ジャスティン・ボーグル 53.600
8 15 ディーン・ウィルソン 53.683
9 14 ディラン・フェランディス 53.733
10 51 ジャスティン・バルシア 53.776
11 7 アーロン・プレシンジャー 53.834
12 20 ブロックティックル 53.969
13 36 マーティン・ダバロス 54.019
14 25 マーヴィン・マスキン 54.036
15 16 ザック・オズボーン 54.183
16 17 ジョーイ・サヴァジー 54.240
17 10 ジャスティン・ブレイトン 54.675
18 40 ヴィンスフリーゼ 54.902
19 37 ベニー・ブロス 55.011
20 11 カイル・チザム 57.124

ジェイソンアンダーソンは、最初の予選セッションでファステストラップタイムを獲得しました。

2021オーランドスーパークロス1 | フルカバレッジ

あなたはおそらくそれも好きでしょう