450の全体的な認定結果| 2021年オーランドスーパークロス2

450の全体的な認定結果| 2021年オーランドスーパークロス2

プレミアクラスは、2021年のモンスターエナジースーパークロスシーズンで1度目のオーランドに戻ってきました。 トラックコンディションが大幅に改善されたことで、トラックはカリフォルニアのテストトラックコンディションと同様であることが判明しています。 乾いた、固く詰まった、透明な轍が形成されたキャンピングワールドスタジアムのトラックは、前のラウンドと比べてレイアウトがあまり変わりませんでした。 その理由は、フロリダが悪天候に悩まされていたため、オーランド2021トラックがタールになり、第XNUMXラウンドに耐えたためです。 一部のジャンプが変更されましたが、トラックの基本的なレイアウトは同じままです。 先週、アダム・チャンチャルーロとクーパー・ウェッブが最速タイムでリーダーボードの上に座っているのを見ました。 トラックコンディションがよりコントロールされた今、誰がトップに立つと思いますか? XNUMX年シーズンの第XNUMXラウンドのキャンピングワールドスタジアムからのライブを報告する際に、以下をご覧ください。

2021オーランドスーパークロス2 | フルカバレッジ

トラビスファントとブライアンコンバースの写真

450全体的な予選

ジャスティン・ボーグルは予選中にいくつかのスタイルを示しています。

クーパーウェッブは50回目の予選セッションでパックの前にチャージし、すでに11秒のラップタイムを走り始めました。 11番目に座ったジェイソンアンダーソンとマービンマスキンは450番目に座った。 すぐにアダム・チャンチャルーロは50位に上がりましたが、すぐにチームメイトのイーライ・トマックとマーヴィン・マスキンに追い抜かれました。 レッドプレートホルダーのケン・ロッツェンはXNUMX位でずっと座っていたが、XNUMX位はリーダーからわずかXNUMX秒遅れていた。 トラックはこの時点でかなり強打されていて、XNUMXクラスはフープをスキミングするのではなくジャンプしていました。 ジェイソンアンダーソンはXNUMX位に落ち、トップXNUMXのライダーはすべてXNUMX秒のラップタイムでした。 残りXNUMX分で、わずかXNUMX秒でXNUMX位と最後のライダーが分かれました。 しかし、ジェイソンアンダーソンは最終ラップでヒーターを走らせ、その日のファステストラップタイムに上がりました。

POS。 # NAME ベストタイム
1 21 ジェイソン・アンダーソン 50.161
2 2 クーパーウェッブ 50.217
3 14 ディラン・フェランディス 50.237
4 94 ケン・ロッツェン 50.626
5 1 エリ・トマック 50.670
6 9 アダム・シアンシアルーロ 50.713
7 25 マーヴィン・マスキン 50.728
8 37 ベニー・ブロス 50.769
9 16 ザック・オズボーン 51.009
10 36 マーティン・ダバロス 51.063
11 27 マルコム・スチュワート 51.339
12 15 ディーン・ウィルソン 51.363
13 20 ブロックティックル 51.413
14 19 ジャスティン・ボーグル 51.512
15 7 アーロン・プレシンジャー 51.525
16 17 ジョーイ・サヴァジー 51.626
17 40 ヴィンスフリーゼ 51.826
18 51 ジャスティン・バルシア 52.194
19 12 シェーン・マセラス 52.439
20 49 ミッチェル・オルデンバーグ 52.453
21 11 カイル・チザム 53.204
22 34 マックスアンスティ 53.313
23 44 タイラー・バウアーズ 53.326
24 83 アレックス・レイ 53.364
25 280 ケイドクラソン 53.609
26 43 フレドリック・ノレン 54.059
27 81 ジャスティン・スターリング 54.073
28 28 ブランドンハートランフト 54.083
29 805 カーレン・ガードナー 54.096
30 606 ロニー·スチュワート 54.161
31 88 ローガン・カルノウ 54.229
32 848 ジョーン・クロス 54.297
33 114 ニック・シュミット 54.437
34 99 ハンターセイルズ 54.517
35 309 ジェレミー・スミス 54.581
36 330 Ajカタンツァーロ 54.760
37 282 セオドア・パウリ 54.953
38 85 ケビン・モランツ 55.166
39 952 ルドビック・マクラー 55.199
40 421 ヴァンマーティン 55.279

レースへの上位40の資格

41 447 デベンレイパー 55.328
42 193 ハンターシュロッサー 55.356
43 976 ジョシュア・グレコ 55.650
44 981 オースティンポリテッリ 55.776
45 509 アレクサンダーナジ 55.780
46 722 アダム・エンティックナップ 56.048
47 501 スコッティ・ウェネストロム 56.297
48 597 メイソン・カー 56.739
49 141 リチャード·テイラー 56.985
50 625 ジョナ・ガイスラー 57.192
51 364 チャド・ソーツ 57.435
52 216 デヴィン・ハリマン 57.564
53 637 ボビー・ピアザ 58.022
54 916 ジャスティンランド 58.845
55 795 アーロン・レイニンガー 59.213


450グループAの最初の予選セッション
赤いプレートホルダーは16回目のセッションで1位になりましたが、リーダーからわずかXNUMX秒遅れています。

トラック表示セッションでトラックをスコープアウトするCooperWebb。 クーパーは、予選で昨年よりも大幅に強力になっています。 彼はポイントリードでケン・ロッツェンの前に立つことができるでしょうか?

いつものように、450回の予選タイムは全面的に行われました。 トップの位置は最初の10周で少なくとも6回変化しました。 ジャスティン・バルシアは残り20分で予選で激しくダウンしたが、なんとかコースを外れた。 クーパーウェッブがプレミアクラスの最前線にジャンプし、ジェイソンアンダーソンとケンロッツェンがそれに続きました。 ケンは信じられないほどのスピードを見せ、ライバルのクーパーウェッブを追い越してリーダーボードのトップに移動しました。 しかし、フランス人ライダーが飛んでトップポジションを奪ったため、トップに立っていないのはディラン・フェランディスでした。 クーパーウェッブもケンをパスしました。 50日からXNUMX日まで、わずかXNUMX秒でライダーが離れました。 最終的に、XNUMX秒のラップタイムにXNUMX人のライダーが座っていました。 ディラン・フェランディス、クーパー・ウェッブ、ケン・ロッツェン、アダム・チャンチャルーロ、マーヴィン・マスキン。 ディランはファステストラップタイムを維持していました。

POS。 # ライダー ベストタイム
1 14 ディラン・フェランディス 50.237
2 2 クーパーウェッブ 50.523
3 94 ケン・ロッツェン 50.626
4 9 アダム・シアンシアルーロ 50.713
5 25 マーヴィン・マスキン 50.728
6 16 ザック・オズボーン 51.055
7 36 マーティン・ダバロス 51.063
8 21 ジェイソン・アンダーソン 51.079
9 1 エリ・トマック 51.227
10 37 ベニー・ブロス 51.422
11 17 ジョーイ・サヴァジー 51.695
12 20 ブロックティックル 51.726
13 15 ディーン・ウィルソン 51.775
14 40 ヴィンスフリーゼ 51.826
15 27 マルコム・スチュワート 51.882
16 19 ジャスティン・ボーグル 52.004
17 7 アーロン・プレシンジャー 52.201
18 12 シェーン・マケルラス 52.651
19 51 ジャスティン・バルシア 52.708
20 11 カイル・チザム 53.779

ディランフェランディスは、最初の予選セッションで最速タイムを獲得しました。

2021オーランドスーパークロス2 | フルカバレッジ

あなたはおそらくそれも好きでしょう