450 全体の予選結果 // 2024 インディアナポリス スーパークロス (更新)

クーパーウェッブ_2024インディアナポリススーパークロス-1

450予選結果// 2024インディアナポリススーパークロス

ジェット・ローレンスは、先週末バーミンガムで勝利を収め、リードを13ポイント広げることができ、週末に向けてポイントでリードしている。クーパー・ウェッブは好調を維持し、常に2位を走行することでジェット・ローレンスにプレッシャーを与えているが、トップとの差を広げるのを防ぐにはある程度の勢いを見つける必要があるだろう。ケン・ロッツェンは先週末速さを見せ、なんとか3位表彰台の座を確保した。今シーズンのイーライ・トマックは一貫性のない成績を残しているが、これまで見てきたように、彼は勝つために何が必要かを知っており、大きなポイント差を埋める能力を証明してきた。予選に向けて、今夜のレースに備えてすべてのライダーが素晴らしいスピードを発揮することが期待されます。

2024 インディアナポリス スーパークロス // フルカバレッジ


450全体の予選結果

ハンター・ローレンスはシーズン初めに肩甲骨を負傷したが復帰した。

セッション2のゲートドロップでは、ジェイソン・アンダーソンが早い段階でリードを奪い、荒れてはいるもののクリアな路面を前に素早いラップを刻み始めた。ケン・ロッツェンはオープニングラップで時間をかけて、トラック上のより良いラインを見つけようとした。この戦略はスズキライダーにとってうまくいったようで、次の周にはリーダーボードのトップに浮上するタイムを記録した。ジェット・ローレンスの総合タイムは当初7位前後だったが、速いラップを刻むことに成功し、総合6位に浮上した。しかし、その順位は長くは続かず、数周以内にケン・ロッツェンをかろうじてかわして最速タイムを記録した。

POS。 # NAME ベストタイム
1 18 ジェットローレンス 48.523
2 3 エリ・トマック 48.554
3 2 クーパーウェッブ 48.568
4 94 ケン・ロッツェン 48.629
5 32 ジャスティン・クーパー 48.671
6 21 ジェイソン・アンダーソン 48.793
7 1 チェイスセクストン 48.805
8 51 ジャスティン・バルシア 49.223
9 96 ハンター・ローレンス 49.530
10 9 アダム・シアンシアルーロ 49.612
11 27 マルコム・スチュワート 49.656
12 7 アーロン・プレシンジャー 50.359
13 45 コルトニコルズ 50.421
14 67 ベニー・ブロス 50.984
15 52 デレク・ドレイク 51.038
16 81 ケイドクラソン 51.064
17 12 シェーン・マケルラス 51.105
18 82 ミッチェルハリソン 51.326
19 11 カイル・チザム 51.375
20 84 アンソニー・ロドリゲス 52.089
21 22 フレディのれん 52.214
22 97 トリスタンレーン 52.386
23 200 ライアン・ブリス 53.171
24 29 タイマスタープール 53.371
25 66 ジャスティン・スターリング 53.568
26 74 ジョシュ・カートライト 53.650
27 148 ジャスティン・ロッドベル 53.877
28 199 ジョン・ショート 53.892
29 23 グラント・ハーラン 54.596
30 874 ザック·ウィリアムズ 54.837
31 173 ハンターシュロッサー 54.961
32 509 アレックス・ナジ 55.039
33 91 デヴィン・サイモンソン 55.065
34 129 レーンショー 55.486
35 62 ケビン・モランツ 55.498
36 848 ジョーン・クロス 55.781
37 411 スコットメシー 55.975
38 118 シャイアンハーモン 56.070
39 976 ジョシュ・グレコ 56.329
40 645 コルビーコップ 56.683
41 501 スコッティ・ウェネストロム 56.799
42 824 カーター・スティーブンソン 56.912
43 996 プレストン・テイラー 57.117
44 538 アディソンエモリー 59.266
45 512 オースティンコザッド 59.559
46 672 ブランドン・ペダーソン 1:01.650
47 412 ジャレッド・レシャー 1:04.454

イーライ・トマックはこのような状況での経験があり、トラックが悪化するにつれて速くなっているように見えます。

450 予選セッション 1 グループ A

ケン・ロッツェンは、今日このようなトラックで最も経験豊富なライダーの一人です。

ジェット・ローレンスはいつものアプローチでスタートし、トラックの状態と今日のフリープラクティスからの変化に慣れるために数周ゆっくり周回した。一方、ジャスティン・バルシアはすぐにリストのトップに立ち、チェイス・セクストンがそれに続いた。バルシアは49秒台に突入した最初のライダーだったが、すぐにイーライ・トマックに追い抜かれ、彼もその範囲のタイムを記録した。クーパー・ウェッブは小さなミスを犯し、コーナーの一つで転倒を喫したが、問題なく再騎乗に成功した。典型的なやり方で、ジェット ローレンスはすぐにリーダーボードのトップに上り詰め、速いラップタイムを記録し続けました。しばらくの間、ジェイソン・アンダーソンはローレンスのすぐ後ろでタイムを記録し、クーパー・ウェッブも同様でした。しかし、最後の数分で順位に大きな変化があり、ジャスティン・クーパーが最速タイムを記録しました。これは、予選を迅速に通過する彼の評判の証拠です。

POS # ライダー名 ベストラップ
1 32 ジャスティン・クーパー 48.671
2 1 チェイスセクストン 48.805
3 3 エリ・トマック 48.820
4 18 ジェットローレンス 49.300
5 94 ケン・ロッツェン 49.313
6 2 クーパーウェッブ 49.358
7 21 ジェイソン・アンダーソン 49.431
8 27 マルコム・スチュワート 49.734
9 51 ジャスティン・バルシア 49.880
10 9 アダム・シアンシアルーロ 50.358
11 7 アーロン・プレシンジャー 50.460
12 96 ハンター・ローレンス 50.583
13 12 シェーン・マケルラス 51.105
14 67 ベニー・ブロス 51.637
15 45 コルトニコルズ 51.981
16 52 デレク・ドレイク 52.333
17 11 カイル・チザム 52.550
18 82 ミッチェルハリソン 52.573
19 81 ケイドクラソン 52.999
20 22 フレッド・ノレン 53.185
21 199 ジョン・ショート 53.892
22 23 グラント・ハーラン 54.568

チェイス・セクストンは難しいソフトコンディションを気に入っているようだ。

LCQの結果

POS # 名前
1 11 カイル・チザム
2 66 ジャスティン・スターリング
3 91 デヴィン・サイモンソン
4 22 フレディのれん
5 200 ライアン・ブリス
6 23 グラント・ハーラン
7 84 アンソニー・ロドリッグ…
8 97 トリスタンレーン
9 74 ジョシュ・カートライト
10 173 ハンターシュロッサー
11 29 タイマスタープール
12 645 コルビーコップ
13 62 ケビン・モランツ
14 874 ザック·ウィリアムズ
15 118 シャイアンハー…
16 509 アレックス・ナジ
17 148 ジャスティン・ロッドベル
18 129 レーンショー
19 411 スコットメシー
20 976 ジョシュ・グレコ
21 848 ジョーン・クロス
22 199 ジョン・ショート

2024 インディアナポリス スーパークロス // フルカバレッジ

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントは締め切りました。