2018 MXGPイタリア| MXGP全体のレース結果

イタリアでナンバーワンのプレートを走っているジェフリー・ハーリングス。 

の最終ラウンドで 2018年MXGP イタリアの世界選手権、それは再びのKTMライダーの工場だった ジェフリー・ハーリングス 両方のモトを一掃します。 それはのベテランライダーでした アントニオカイローリ 彼は土曜日の予選レースで懸命に降り、日曜日にレースに出場しないことを決めたが、ホームレース。 ヘリングスはすでにチャンピオンシップを終えており、カイロリは順位表でXNUMX位を確保しています。 ホンダライダーのファクトリー ティムガイザー しっかりとしたレースがあり、全体で2番手で2-XNUMXになりました。 クレメントデサール 総合3位は3-XNUMXでした。

MXGP全体のレース結果

POS ライダー 自転車 レース1 レース2
1 ヘリングス、ジェフリー KTM 1 1
2 ガイサー、ティム HON 2 2
3 デサール、クレメント カウ 3 3
4 リーバー、ジュリアン カウ 5 4
5 ポーリン、ゴーティエ HUS 4 6
6 ヴァンホレベーク、ジェレミー ヤムイモ 8 5
7 シンプソン、ショーン ヤムイモ 7 7
8 シーワー、ジェレミー ヤムイモ 6 12
9 グレン・コルデンホフ KTM 11 8
10 ボブリシェフ、エフゲニー SUZ 10 10
11 アンスティ、マックス HUS 9 13
12 ナグル、マクシミリアン TM 13 11
13 サール、トミー カウ 12 16
14 ブトロン、ホセ KTM 15 14
15 ティクシア、ジョルディ KTM 14 15
16 ストライボス、ケビン KTM 29 9
17 ウォーターズ、トッド HON 17 17
18 レオク、タネル HUS 16 18
19 ボニーニ、ダビデ KTM 18 28
20 モンティチェッリ、イヴォ ヤムイモ 31 19
21 デスプレー、マキシム カウ 19 22
22 ペトロフ、ペタル HON 21 20
23 アーウィン、グレーム KTM 20 29
24 ゲルカー、クレメン HUS 22 21
25 レンケンズ、ネイサン HON 24 23
26 ベンナクソン、ジョナサン KTM 23 24
27 ベルトゥッツォ、ピアフィリッポ カウ 26 25
28 ムラトリ、フランチェスコ KTM 30 26
29 ペズート、ステファノ SUZ 25 27
30 バレンティン、アンデル HUS 27 DNS
31 ルピノ、アレッサンドロ カウ 28 DNS

 

全体のポイントスタンディング(20ラウンド20)

POS ライダー Nat。 合計
1 ヘリングス、J。 NED 933
2 カイローリ、A。 ITA 782
3 デサール、C。 BEL 685
4 ガイサー、ティム GB 669
5 ポーリン、G FRA 574
6 ファヴル、ロマン FRA 544
7 コルデンホフ、G。 NED 534
8 シーワー、ジェレミー SUI 469
9 ヴァンホレービーク、J。 BEL 433
10 アンスティ、マックス GBR 386
11 リーバー、ジュリアン BEL 291
12 ボブリシェフ、E。 RUS 289
13 ルピノ、A。 ITA 283
14 ストライボス、K。 BEL 267
15 シンプソン、ショーン GBR 263
16 Nagl、M。 GER 245
17 サール、トミー GBR 197
18 レオク、タネル EST 139
19 Jasikonis、A。 LTU航空 111
20 ブトロン、ホセ ESP 109

2018 MXGPイタリア| フルカバレッジ

アントニオカイローリは土曜日の予選レース中に激しいクラッシュを経験し、日曜日のレースに出場しないことを決めました。

サタデーMXGP予選レースレポート

優勝はすでに決まっています レッドブルKTMファクトリーレーシングのジェフリーヘリングス 単に週末を楽にしただけだったかもしれないが、「弾丸」は不気味ではなく、今日燃えていました。 フリープラクティスから始まり、予選レースまで、ハーリングス間のタイムプラクティスが最速でした。 スタートからリードを奪い、最初のターンからヘリングスがレースをスタートからフィニッシュまでリードしました。

チームHRCのTim Gajser XNUMX番目でしたが、イタリアのヒーローである間、すぐにヘリングスを追跡できなくなりました。 アントニオ・カイローリ from レッドブルKTMファクトリーレーシング、10日に戻ってきました。 別のイタリア人が前で群衆を印象づけましたが、 ゲベンヴァンヴェンロイカワサキのアレッサンドロルピノ 3位進んだ モンスターエナジーカワサキレーシングチームのクレメントデサール 及び ジュリアン・リーバー。

3つの川崎に続いて、ヤマハのトリプレットが ウィルボヤマハオフィシャルMXGPチームのショーンシンプソン、モンスターエナジーヤマハファクトリーMXGPのジェレミーファンホレービーク、および別の ウィルボヤマハ に乗った ジェレミー・シーワー。 デサルは3周目にルピノから3位になり、同時にシーワーはカイロリと同じようにファンホレーベークに道を譲った。

3ラップ後、ルピノがデザールとXNUMX位に戻るために戦い、カイローリもシーワーを過ぎました。 しかし、カイローリは次のラップでコースアウトし、激しく地面を打った。 起きるのが遅いカイロリは残りのレースから撤退することを決めたが、それ以来彼は明日レースをすることを確認している。

同僚のイタリア人でカイロリの友人であるルピノは、次のラップでデサールとリーバーにポジションを奪われ、シーワーはシンプソンを過ぎて6位でした。 フィニッシュでは、2018年のポールポジション数を13に終えたヘリングスにとって大きな勝利でした。リーバーは4位、ルピノは5位でしたが、デサルはファイナルラップでガイサーをパスした後、XNUMX位でした。

ジェフリー・ヘリングス: 「主な目標はチャンピオンシップを勝つことです。アッセンでそれを達成しましたが、私はここに来て、ただ乗り回したくありません。 私はまだ行って自分を証明したいです。 良いスタートを切るために最善を尽くします。 このような素晴らしい84年を私のXNUMX回目のキャリアGP優勝で終えることができれば、それが明日の目標です。」

2018 MXGP2018 mxgpイタリアMXGP