2020年のヴァルケンスウォールドの砂丘からのグランドグランスの結果(更新)

トムヴィアーレ(28)は、先週の優勝者であるジャゴギアツを250ポイント上回って5グランプリポイントを獲得し、ヴァルケンサールの濡れた砂で勝利しました。

最終的なVALKENSWAARD 250の結果:
1. Tom Vialle(KTM)…2-1
2. Maxime Renaux(山芋)…3-3
3. Jago Geerts(ヤム)…1-7
4.ジェドビートン(Hus)…6-2
5.ベン・ワトソン(ヤム)…5-4
6.コンラッドミューズ(KTM)…7-9
7. Thomas Kjer Olsen(Hus)…11-6
8.ジェレミー・シドウ(ガス)…14 -8
9.ルネ・ホーファー(KTM)…4-26
10. Simon Laengenfelder(ガス)…21-5
その他の注目点: 11.ミッチェルハリソン(カウ)12。 ネイサン・クロフォード(本); 13. Bas Vaessen(KTM); 15.ミッケル・ハーラップ(カウ); 16. Mathy Boisrame(Kaw); 18.アルヴィン・オストランド(本); 19. Roan Van De Moosdijk(Kaw); 38.トッドウィルソン(Kaw)。

Jago Geertsが最初のモトを獲得しましたが、7番目のモトの早い段階でのクラッシュが彼をモトXNUMXのXNUMX位に戻しました。

250ワールドチャンピオンシップポイントランキング
(2ラウンド中20ラウンド後)
1.トムヴィアーレ(KTM)…87
2. Jago Geerts(ヤム)…82
3.ジェド・ビートン(夫)…74
4. Maxime Renaux(ヤム)…61
5.ルネ・ホーファー(KTM)…53
6.ミッケル・ハーラップ(カウ)…52
7.トーマス・シェール・オルセン(Hus)…51
8.ベン・ワトソン(ヤム)…48
9.コンラッドミューズ(KTM)…48
10.ジェレミー・シドウ(ガス)…35

ティムガイサーは、少なくともXNUMXつのモトで、ヘリングスを倒せることを証明しました。

トニーカイローリ(222)は、最初の7モトでカワサキのクレメントデサル(450)の直後に25位でしたが、モト5で6位に戻って総合8位になりました。 Desalleは全体で6〜XNUMX日でした。

最終的なVALKENSWAARD 450の結果:
1. Jeffrey Herlings(KTM)…2-1
2. Tim Gajser(本)…1-2
3. Arminas Jasikonis(Hus)…3-3
4.トニー・カイローリ(KTM)…7-5
5. Jeremy Van Horebeek(本)…8-6
6.クレメントデサール(カウ)…6-8
7.グレン・コルデンホフ(ガス)…9-7
8.ゴーティエ・ポーリン(ヤム)…5-11
9.ホルヘ・プラド(KTM)…4–13
10.ショーン・シンプソン(KTM)…25-4
その他の注目点: 11.エフゲニー・ボブリシェフ(Hus); 12. Pauls Jonass(Hus); 14.ブライアンボーガーズ(KTM); 16.ブノワパトゥレル(ホン); 20. Ivo Monticelli(ガス); 24. Jordi Tixier(KTM); 31.ケビン・ストリボス(スーズ); 36.ミッチ・エヴァンス(本)。

ジェフリー・ハーリングス(84)は、ティム・ガイザーを450ポイント上回って9の順位をリードしています。 ホルヘプラド(61)はポイントで8位です。

オーストラリアのミッチ・エヴァンスは墜落し、肩を負傷しました。

450ワールドチャンピオンシップポイントランキング
(2ラウンド中20ラウンド後)
1. Jeffrey Herlings(KTM)…94
2. Tim Gajser(本)…85
3.トニーカイローリ(KTM)…68
4.クレメントデサール(カウ)…60
5.ゴーティエ・ポーリン(ヤム)…58
6.グレン・コルデンホフ(ガス)…56
7.アルミナス・ジャシコニス(Hus)…53
8.ホルヘプラド(KTM)…47
9.ジェレミー・シーワー(ヤム)…42
10.ジェレミー・ヴァン・ホレベーク(本)…39

 

レイ・アーチャー、ホンダ、MXGPの写真

 

2020オランダグランプリ2020年のオランダの価格クレメントデサールジャゴ・ジャーツジェフリー・ヘリングスホルヘ・プラドマキシム・ルノーティム・ガイサートニーカイロリValkenswaard世界モトクロス選手権。 mxgpヨムビアレ