2021年のオランダグランプリのまとめ:TIM GAJSER WINS、JEFFREY HERLINGS HURT、たくさんのクラッシュ

20レースの2021年世界モトクロス選手権の第1ラウンドのライダーが、MXGP Ossサーキットの新機能である伝統的なオランダの砂を期待していたとしたら、彼らは驚きました。 確かに砂のフープで満たされたトラックですが、ライダーのホイールをつかむソフトスポットで非常に滑りやすかったです。 ライダーは両方のクラスで滑り出してクラッシュしていました。1、250回クラッシュする人もいました。 結局、イアゴー・ゲールツは450クラスで450-23になり、143ポイントのリーダーであるティム・ガスジャーはどちらのモトにも勝てなかったが、肩を負傷して最初の25モトを勝ち取ったジェフリー・ハーリングスが作ることができなかったときに助けられたXNUMX番目のモトのスタートで、KTMのトニー・カイローリが優勝しました。 ガイセルの一貫性は彼に表彰台のトップステップをもたらし、ハーリングスに対する彼のポイントリードはXNUMXポイントに増加しました。そして、ハーリングス、カイローリ、フェーブルがすべてXNUMXポイントでXNUMX位になりました。 次のレースはXNUMX月XNUMX日日曜日にチェコ共和国のロケットで行われます。

450ポイントの基準
(4レース中18レース後)
1. Tim Gajser(本)…166
2.ジェフリー・ハーリングス(KTM)…143
3.トニーカイローリ(KTM)…143
4.ロマン・フェヴル(カウ)…143
5.ホルヘプラド(KTM)…132
6.ジェレミー・シーワー(ヤム)…113
7.グレン・コールデンホフ(山芋)…104
8. ポールズ・ジョナス(ガス)…104
9. アレッサンドロ・ルピノ (KTM)…83
10.ベン・ワトソン(ヤム)…71

250ポイントの基準
(4レース中18レース後)
1. Maxime Renaux(ヤム)…141
2. Mattia Guadagnini(KTM)…136
3. ルベン・フェルナンデス(本)…133
4. Mathys Boisrame(Kaw)…124
5. Roan Van De Moosdijk(Kaw)…119
6. Jago Geerts(ヤム)…117
7.ジェド・ビートン(Hus)…109
8.ルネ・ホーファー(KTM)…108
9. Thibault Benistant(山芋)…103
10.ケイドウルフ(Hus)…87

2021年世界モトクロス選手権ジャゴ・ジャーツジェフリー・ヘリングスガダニーニmxgoONYossレーストラックロマンフェーブルティム・ガイサートニー・シロリ