250ラトビア#2 GPの結果:JAGO GEERTSが250 GPバトルを強化

ヤマハのJago Geertsは、250レースの2020年シリーズのXNUMX回目のXNUMXグランプリを獲得しました。 他のXNUMXつはKTMのトムヴィアレが優勝しました。

これまでに開催された最初の水曜日のグランプリで、ヤマハのイアゴーゲールツは、ケグムスサーキットでの勝利のために1-1で進んだとき、ラトビアの砂の上でくつろいだ気分になりました。 総合2位はオランダの砂のスペシャリスト、ロアン・ヴァン・デ・ムースダイクで、川崎を2-3日で迎えました。 3位はF&Hカワサキチームライダーのマティスボワスラメの250位で4-4となった。 1グランプリポイントのリーダーであるトムヴィアルは、水曜日のラトビアGPにかなり大きなポイントリードで入りましたが、Geerts 1-8と比較して彼のXNUMX-XNUMXの結果は、わずかXNUMXポイントにまで落ち込みました。

勝者のJago Geerts氏は次のように述べています。 最初のモトは良いスタートでした、私はXNUMX番目で、数周後にトム・ヴィアーレを通過しました。 XNUMX番目のモトでホールショットを手に入れましたが、XNUMX番目のモトは彼らを押し付けていたのでより困難でしたが、XNUMX回目のグランプリの勝利には満足しています。」

250ワールドチャンピオンシップポイントレースでは、トムヴィアーレが170ポイントでリードし、ジェイゴギアツは162、ジェドビートン123、マキシムルノー116、ロアンヴァンデモースダイク115を獲得しています。 。

2020ラトビア250 GP#2結果
1. Jago Geerts(ヤム)…1-1
2. Roan Van De Moosdijk(Kaw)…2-2
3. Mathys Boisrame(Kaw)…3-3
4. Tom Vialle(KTM)…4-4
5. Maxime Renaux(山芋)…5-5
6.ジェド・ビートン(Hus)…6-6
7.ミッケル・ハーラップ(カウ)…7-8
8.ルーベンフェルナンデス(ヤム)…8-7
9. Simon Laengenfelder(ガス)…9-12
10. Alvin Ostlund(本)…10-10
その他の注目点: 11.シリル・ジェノット(ヤム); 12.コンラッドミューズ(KTM); 13. Thomas Kjer Olsen(Hus); 14。 ベン・ワトソン(ヤム); 17.スティーブン・ルビニ(ホン); 20. Rene Hofer(KTM); 22.アルベルト・フォラート(Hus)…22-32。

トムビアレはGeertsで依然として250ポイントの順位を8ポイントリードしています。

HusqvarnaのThomasKjer Olsenは、9ポイントで250位です。

現在の2020 FIM 250 GPポイントランキング
(4ラウンド中16ラウンド後)
1.トムヴィアーレ(KTM)…170
2. Jago Geerts(ヤム)…162
3.ジェド・ビートン(Hus)…123
4. Maxime Renaux(ヤム)…116
5. Roan Van De Moosdijk(Kaw)…115
6. Mathys Boisrame(Kaw)…110
7.ミッケル・ハーラップ(カウ)…92
8.ベン・ワトソン(ヤム)…91
9.トーマス・シェール・オルセン(Hus)…89
10.ルネ・ホーファー(KTM)…73

 

250年世界モトクロス選手権ジャゴ・ジャーツジェド・ビートンラトビア250 gpマティス・ボイズラメモトクロスMXAMXGPRoan Van Moosdijkトムバイアル