クラシックモトクロスアイアン:1972 YAMAHA DT2MX 250

トムホワイト

1972年まで、ヤマハのAT1(125)、DT1(250)、RT1(360)は、GYT(純正のヤマハチューニング)キットコンポーネントで強化されたストリップバイクに過ぎませんでした。 平凡なストリート志向のシャーシを解決するために何も行われていませんでした。 言うまでもないことですが、MXシリーズには、ストリートモデルのフォークとショックが標準装備されています。 1972年のDT2MXは、モトクロス市場向けに厳密に設計された最初のヤマハモデルでした。 DT2MXには、標準でリードバルブ誘導、ボタンマグ付きのCDI点火、およびガスとオイルを自動的に混合するヤマハのAutolubeシステムが標準装備されていました。 最も深刻なレーサーはAutolubeシステムを取り外し、安全対策としてプレミックスを実行しました。

シャーシとボディワークの変更は重要でした。 エンジンはフレーム内で40mm下げられました。 これにより、排気システムがシリンダーヘッドの上から左から右に蛇行することができました。 プラスチック製のフェンダーが標準であり、リムは肩付きアルミニウムでした。 残念ながら、サスペンションにはデュアルレートスプリングのようなわずかな改善しか加えられていません。 DT2MX 250は、他の優れたヨーロッパ製品よりも15ポンド重かった。

DT2MXは、スズキTM250やカワサキF81Mなどの他の日本のモトクロスエントリーに匹敵しました。 DT2MXは楽しく、信頼性が高く、ニュートラルなハンドリングマシンで、砂漠を駆け抜けたり、スムーズなスクランブルで競争したりするのに最も快適でした。 しかし、チャンピオンシップレベルのモトクロスへの本格的なエントリーはありませんでした。

1972年、ゲイリージョーンズは、オリジナルのDT250をベースにしたバイクで1回目の1974ナショナルチャンピオンシップを獲得しました。 ヤマハがレースバイクをベースにしたプロダクションバイクを作ったのは、250年のYZXNUMXAでした。 「A」は、多くの人が当時までに構築された最高のモトクロスマシンであると考える限定生産の自転車でした。

1972年の125ccモデルはAT2MXでした。 250ccはDT2MXでした。 360はRT2MXでした。 DT2MXの希望小売価格は983ドルでした。 コレクターにとって、オリジナルのマシンを見つけることが最も重要です。 サイレンサーは非常に大きく、今年特有のもので、見つけるのはほとんど不可能です。 機械を評価する際には、ショルダーアロイリム、標準のスチールタンク、オイルインジェクション、およびストックの右側のナンバープレートを優先する必要があります。 これらのバイクのほとんどは1970年代に大幅に改造され、ストックパーツが投げられたため、最初のバイクで完璧を目指す必要があります。

クラシックバイクの詳細については、 www.earlyyearsofmx.com

 

AT1(125秒)クラシックアイアンdt1DT1(250秒)DT2MXゲイリー・ジョーンズKAWASAKIモトクロスMXART1(360秒)ヤマハヤマハDT2MX 250