フラッシュバックフライデー| RYAN DUNGEYインタビューXNUMX年目のプロ

鈴木製作所のテストトラックに乗って2007年にライアンダンジー。 

ライアン・ダンジーは、ファクトリー・スズキRM-Z2007に乗って最初のスーパークロスレースに勝利した後、250年にロガー・デコスターが彼を翼の下に連れて行ったと語ります。 私たちはライアンが彼の最初のレースに勝つことについて言わなければならないことを聞きます、彼は彼自身を説明しようとし、彼の将来の目標(彼はそれらすべてを達成します)について話します。

ライアンのポーズ MXA '2007年セントルイススーパークロスのカメラ。 

「ミネソタは素晴らしい場所です。 私の故郷の最も良いところは、夏になるとモトクロストラックが最高になるということです。 私はそこで育ちました、そしてそれは私が知っているすべてです。 冬は雪でもかまわないが、冬の期間はカリフォルニアにいるので雪を避けられるのがいい。」

「私は最初のスーパークロスレースで優勝した数少ないライダーのXNUMX人であり、それは私にとって非常に重要な成果であり続けるでしょう。 同時に、XNUMXレースに勝っただけでは満足できない。 私は自分の目標のXNUMXつを達成したので、止めることはできません。 私は押し続け、良くなる必要があります。 このスポーツに参加したい場所にたどり着くために、一生懸命努力しなければなりません。」

ライアンの2007年工場スズキRM-Z250。 

「昨年ミルビルでプロに転向したとき、緊張した部分がありましたが、外に出てすべての速い人たちとレースをすることに興奮しました。 私は今の自分のいるところにたどり着くように一生懸命努力しました。そして、あなたが最高のベストに逆らうとき、それは同じスタートラインにいるという素晴らしい気持ちです。 ミルビルはホームトラックのアドバンテージであり、私は間違いなくいくつかのレッスンを学びました。」

「自分をどう説明しますか? 私は働き者ですが、同時に楽しみたいです。 頑張ろうという気持ちもあります。 ほとんどの人のように、私は自分自身を説明するのに苦労しています。 私がライアン・ダンジーだと言って、質問に答えるのが一番簡単です。 私は私です。"

「私と他のほとんどすべてのライダーとの最大の違いは、私はそれがもっと欲しいということです。 私は誰よりも一生懸命働きます。 レースに来るときは、準備ができていて、勝つために必要なことは何でもできると感じたいです。 適切に準備すれば、数えたときに最善を尽くすことができます。」

「私にとってのモチベーションは、これまでで最高のレーサーのXNUMXつになりたいと思っていることにあります。 リッキー・カーマイケルになりたい。 彼はたくさん勝ち、素晴らしいファンを持っています。私は誰もが応援している男になりたいです。 このスポーツで素晴らしい人生を過ごしたいと思います。」

「私のプロのキャリアで私を助けてくれた人がたくさんいます。 ロジャーデコスター、リッキーカーマイケル、イヴァンテデスコは、正しい軌道に乗るために私と協力して大きな貢献をしてくれました。 私は毎日何か新しいことを学ぶように心がけており、最高の人から学びたいと思っています。 また、両親のおかげです。」

「私のライディングの最も強い部分は、私の持久力です。 体調はいい感じです。 モトの終わりにはまだ強くなることができるが、他の人はペースを落とす傾向がある。」

「プロを変えることは私を人として変えませんでした。 私は一年前と同じ子供です。 私が工場のチームにいるからといって、私が別の行動をとったり、クールな人になろうとするつもりはありません。 私は人生のどこにいても、同じ人になります。 いつも連絡を取り合えるわけではないのに、しばらく話をしていない人がクールな男と呼ばれると、気になります。」

「私が本当に持っていないいくつかの構成されたイメージを維持することは気にしません。 私はまた、毎週末人々が否定的に話す人になりたくありません。 私は控えめな人です。 一部の子供たちが悪いことをしているのを信じられませんが、それでも多くの誇大宣伝があり、それらについて話します。 僕はコースを速く走っているので、みんなが話している子供として知られるようになりたいです。」

「社交的で素敵であることは、間違いなくこのスポーツに役立ちます。 モトクロスは、良い結果が出れば遠くまで行きますが、良い人であり、すべての人を敬意をもって扱うこともまた遠くまで行きます。 Travis Pastranaをご覧ください。 あの男はとても素敵で、彼はまだこのスポーツで繁栄しています。」

「鈴木製作所との契約は非常に迅速に行われたため、奇妙な状況でした。 しばらくロジャーと話したいと思っていたので、ロジャーに乗ってみたいと思っていたところ、チームに挑戦する機会がありました。 ありがたいことに、すべてがうまくいきました! 私が今いる場所にいるのはクールです。」

「XNUMX年後にはトップになりたいです。 たくさんのことを成し遂げて、チャンピオンシップを持ちたいです。 スズキのファクトリーにも参加したいです。素晴らしいチームだからです。」

 

フラッシュバックフライデーライアン・ダンジーSUZUKIトールフラッシュバック