GP OF TRENTINO#3:信じられないかもしれません! ロマン・フェーヴルが450世界選手権をリード

2021年の世界モトクロス選手権で残り250レースしかなかったため、マキシム・ルノーはシーズン後半の不振から抜け出し、マントヴァでの450ラウンドで450世界選手権を締めくくるのに十分なポイントを獲得するために彼の可能性に乗り出しました。水曜日と日曜日)が残った。 ルノーがタイトルチェイスで早い段階でリードを築き、それを再言語化することはなかったので、それは大きな驚きではありませんでしたが、XNUMXクラスでは、ロマン・フェーヴルがポイントリーダーとしてレッドプレートを獲得したため、結果は揺らいでいませんでした、マントヴァのダブルヘッダーに向かっています。 ジェフリー・ハーリングスはXNUMX回墜落し、その日のXNUMX位に終わり、FevvreとGajserに続くXNUMXポイントの追跡でXNUMX位に戻りました。

2021 FIM450グランプリポイントスタンディング
(16レース中18レース後)
1.ロマン・フェヴル(カウ)…614
2. Tim Gajser(本)…613
3. Jeffrey Herlings(KTM)…611
4.ホルヘプラド(KTM)…502
5.ジェレミー・シーワー(ヤム)…498
6.アントニオカイローリ(KTM)…496
7.グレン・コールデンホフ(山芋)…397
8. ポールズ・ジョナス(ガス)…391
9. アレッサンドロ・ルピノ (KTM)…287
10.トーマス・シェール・オルセン(Hus)…284

2021 FIM250グランプリポイントスタンディング
(16ラウンド中18ラウンド後)
1. Maxime Renaux(ヤム)…642
2.トムヴィアーレ(KTM)…532
3. Jago Geerts(ヤム)…516
4. Mattia Guadagnini(KTM)…487
5.ジェド・ビートン(Hus)…477
6.ルネ・ホーファー(KTM)…474
7. Thibault Benistant(山芋)…413
8.ケイドウルフ(Hus)…412
9. ルベン・フェルナンデス(本)…404
10. サイモン・レンゲンフェルダー(ガス)…291

ジェフリー・ヘリングスモトクロスMXGPロマンフェーブルティム・ガイサートレンティーノ#3世界モトクトス選手権