マイク・アレッシの42馬力ヤマハYZ134ストローク

マイク・アレッシの42馬力ヤマハYZ134ストローク

マイク・アレッシのXPRで調整されたヤマハYZ134の置き忘れた映像を見つけた人もいました。 マイク・アレッシがより多くの325ストロークレースに出場するというアイデアは、マイクが2019年のモンスターエナジーカップでESR製のヤマハYZ125 125ストロークをレースした後に生まれました。しかし、ほとんどの125ストロークレーサーにとって、2010クラスは注目を集めています。求められる賞。 マイクにとって幸運なことに、彼の個人的な125 325ストロークの復活は、XNUMXのみのレースのブームと同時に起こっていました。 はい、グレンヘレンの世界XNUMXストローク選手権はXNUMX年以来最高のXNUMXストロークレースですが、マイクは部分的な引退でより多くのXNUMXストロークレースに目を向けることに決めました、そしてそのために彼は彼のESRYZXNUMXとペアリングするためにYZXNUMXを必要としました。

XPRモータースポーツのチャドブラウンはマイクのYZ125をYZ150に変えるのを助けました、しかしXPRとマイクの両方はヤマハ150がトップエンドであまりにも多くの力をあきらめるだろうと感じました、そして彼らはレースエンジンスペックのために134ccに着陸しました。 チャドはシリンダーを2mm大きくし、内部容積を134立方センチメートルに増やしました。 燃料には、マイクはVPC02でカットされたVPMRX15を使用しました。 最後に、YZ134についてすべてを学んだ後、MXAテストライダーが軌道に乗る時が来ました。 最初のコメントは、「ボトムエンドが多いファクトリー134ストロークのような感じ」と「このバイクは個性があり、もっと速く走ってほしい」というものでした。 アレッシのYZ42.0は、XPRのダイノでXNUMX馬力を出力しました。

ブレンドザルチャドブラウンDEPマイク・アレッシモトクロスXNUMXストローク世界XNUMXストローク選手権xprヤマハyz134