「SATURDAYATTHEGLEN」モトクロスレースレポート:全国トラックへの100フィートのロードトリップ

Sean Lipanovich(505)は、450Proクラスの簡単な勝者でした。

DEBBI TAMIETTI&DANALAMANGOSによる写真

「サタデー・アット・ザ・グレン」はわずか10レースですが、元REMレーサーと新しい若いライダーグループに強い支持を得ているようです。 安価なレース(わずか30ドルのゲート料金と50ドルの事前エントリー)で、うまくいけば勢いを増しています。 いつものように「サタデーアットザグレン」での最大のクラスは60歳以上のエキスパートと50歳以上の中間体でしたが、最高のレースは5歳以上のエキスパートで見つかりました。そこではピートマレー、エディデイビス、ビルサウロ、トロイカーディエルがいました。そしてPhilDowellはトップXNUMXでそれと戦いました。 多くの人にとって驚くべき結果でしたが、エディ・デイビスは全体でXNUMX回の世界獣医チャンピオンのピート・マレーを破ることができました。

60度のオーバー60ワールドチャンピオンになるのに十分な年齢のマレーは、ザカステーションのエドグアジャルド、6Dヘルメットのロバートライジンガー、元CMCナンバーワンのヴァルタミエッティでオーバーXNUMXエキスパートクラスの両方のモトを獲得するためにすぐに戻ってきました。サドルバックのスペシャリストであるLucDeLey、Fred Nichols、Robert Pocius、DirtBikeMagazineの編集者であるRonLawson。

デニス・ステープルトン(184)は、Vet Proクラスで優勝しました(そして、ショーン・リパノビッチに次ぐ250/450のライダーの組み合わせで450位に終わりました)。 デニスは、パラとハングタウンのAMAXNUMXナショナルズの準備をしている数人のプロのXNUMX人でした。

一方、最近65歳になったタミエッティは、現在の65ポイント以上のリーダーであるボブ・ラッテンと対戦し、超接近戦で両方のモトを獲得しました。 土曜日には、50つのモトの後に4ポイントを獲得した3人のライダーとのオーバー1中級クラスでのスリーウェイタイを含む、いくつかの緊密な戦いがありました。 Kenny Arndtの2-2は、ColeGressの1-3とDonGoettlingのXNUMX-XNUMXに勝ちました。

プロクラスは、ショーンリパノビッチ(450)、ブライアンメデイロス(25)、デニスステープルトン(獣医)に分類されました。

通常、「サタデーアットザグレン」レースは、グレンヘレンメイントラックの上にある旧REMトラックで開催されますが、今週はナショナルトラックに移されました。 以下は、「サタデー・アット・ザ・グレン」がグレン・ヘレン・ナショナル・トラックを引き継いだときのデビ・タミエッティとダン・アラマンゴスのアクションショットです。

Preston Tilford(17)は、彼の新しいGasGasMC450の450Proで公式に総合XNUMX位でした。

450 PRO
1.ショーンリパノビッチ(KTM)…1-1
2.プレストンティルフォード(KTM)…2-2
3.ケーシーキャスパー(カウ)…3-3

ケーシーキャスパー(280)はカワサキKX450を3-3日でレースしました。

獣医プロ
1.デニスステープルトン(Hus)…1-1
2. Josh Fout(ヤム)…2-2
3.マイケルロペス(ホー)…3-3

EkoluSuspensionのBrianMedeiros(934)は、250月28日にPalaに向かう前に、YZXNUMXFのバグを修正するためにGlenHelenに来ました。 写真:Dan Alamangos

50以上の専門家
1. Eddie Davis(Yam)…2-1
2.ピート・マレー(ヤム)…1-3
3.ビルサウロ(KTM)…3-2

Josh Fout(155)は、WORCS、SRA、Lake Havasu GPで使用しているものと同じYZ450FXオフロードバイクに乗って、Vet ProでXNUMX位になり、XNUMXモト後に戻ってOpenExpertクラスに勝ちました。

50歳以上の中間者
1. Kenny Arndt(Kaw)…3-1
2.コールグレス(KTM)…2-2
3. Don Goettling(Hus)..1-3

これはプロレース開始時の前半です。 ショーン・リパノビッチ(505)は、デニス・ステープルトン(184)でハーフバイクのリードを持っており、タイラー・ニコルズ(55)、ブライアン・メデイロス(95)、ケーシー・キャスパー(280)がXNUMX位で戦っています。

60以上の専門家
1.ピート・マレー(ヤム)…1-1
2.エドグアジャルド(山芋)…2-2
3. Robert Reisinger(Hus)…3-3

Jaxzen Tully(110)は、250中級クラスの両方のモトをスイープしました。

60歳以上中級
1.ロボットロジャース(Hus)…1-1
2.スティーブンワトソン(KTM)…3-2
3.アーニーデイビス(KTM)…2-3

ブレットフォックス(29)は、両方のモトのチェッカーに強力な40を超える中級フィールドを導きました。 写真:Dan Alamangos

65以上の専門家
1.ヴァル・タミエッティ(ヤム)…1-1
2. Bob Rutten KTM)…2-2
3.ピートヴェトラノ(Hus)…4-4

Eddie Davis(155)は、Over-50Expertクラスの両方のモトでPeteMurrayと対戦したことを当然のことながら誇りに思っています。 そして、2度の世界獣医チャンピオンの1-1に3-XNUMXで勝利したことをさらに誇りに思っています(マレーはデイビスを追いかけている間、XNUMX番目のモトで遅れて落ちました)。

65歳以上の中間者
1. Sam Lupear(TM)…1-1
2. Donnie Quanstrom(TM)…2-2
3. Duane Joice(Kaw)…4-3

ピート・マレー(7)は、エド・グアジャルド(50)、ロバート・ライジンガー、ヴァル・タミエッティ、リュックの前でオーバー60エキスパートクラスの両方のモトを獲得するためにリバウンドしたため、オーバー27エキスパートクラスでの敗北にこだわっていませんでした。 De Ley、Fred Nichols、Robert Pocius、RonLawson。

250中級者
1. Jaxzen Tully(ホン)…1-1
2.クリス・チャップマン(ガス)…2-2
3.ダミアン・コリアー(ホン)…3-3

Robert Reisinger(96)は、Over-3 Expertsで3〜60日を過ごす途中で、ログキャビントンネルを支配します。

30歳以上の中間者
1.カレブライス(Hus)…1-2
2. Joel Licon(山芋)…3-1
3. Braden Larsom(Hus)…2-3

サドルバックで有名なロボットロジャース(5)は、新しいハスクバーナFC450モトクロスバイクを手に入れ、60歳以上の中級クラスの両方のモトを席巻しました。 彼は以前ハスキーFE450エンデュオバイクでこのクラスに勝っていたので、驚きはありません。

40歳以上の中間者
1.ブレットフォックス(ホン)…1-1
2.スティーブンムーア(KTM)…2-2
3.グレッグアンダーソン(KTM)…3-4

当時、ボブ・ルッテン(83)が砂漠を支配し、ヴァル・タミエッティ(32)がサドルバックパークを支配していました。 さて、これらすべての年後、彼らはそのうちのどれが65歳以上のエキスパートクラスを支配しているかを証明しようとしています。 今週末はヴァル・タミエッティでした。

30歳以上の初心者
1. Michael Oetzell(KTM)…1-1
2.マーク・テイラー(ヤム)…2-2
3. James Calle(山芋)…3-3

ジョー・サッター(111)は、地元の人が「ザ・フォールズ」と呼んでいる急なショウエイの下り坂で連れ出されました。彼の前のライダーが転倒し、ジョーが自転車にぶつかって、最初に丘を下ってカタポールされました。 仲間のレーサーであるブルース・アシュモアは、ジョーをカラバサスに連れて帰る最初のモトで3番目をあきらめました。 ジョーは病院から、5つの肋骨を骨折し、LXNUMXとLXNUMXを圧迫し、歯を骨折したと報告しました。

40以上の通知
1.リック・リチャーズ(Suz)…1-1
2.ロバートアルベス(山芋)…2-2
3.ゲイリーテイラー(KTM)…3-3

マーク・クロスビー(17)は、37歳以上の中間体でピート・ベトラノ(60)をリードしています。 5位と6位は同じ順番で終了します。 レース後、マークはその夜の午後9時にジョーサッターの壊れた歯を直すために彼の歯科医院に戻りました。

50以上の通知
1.ジョンマレー(ガス)…1-1
2.アルフレドアラティア(ホン)…3-3
3.アーロン・ランスフォード(ホン)…5-2

オーストラリアのレーサー、ダン・アラマンゴス(42)が、Covid 19で50か月入院する前は、XNUMX人以上の専門家を獲得する脅威でした。 今、彼はXNUMXつの良いモトを持っていて、モトXNUMXでバラバラになります。 彼は元の場所に戻る計画に取り組んでいます。

60以上の通知
1.チャックピーターソン(ホン)…1-1
2.ゲーリーチャップマン(ガス)…2-2
3.チャッククック(Hus)…5-3

有名なタラディーガの最初のターンは、この角度からはそれほど威圧的に見えませんが…..

250人の初心者
1.ペイトンマレット(カウ)…1-1
2.ドレイクファイファー(山芋)…3-2
3. Bradley Herrock(Kaw)…2-3

しかし、地上から見ると、バイクはずっとクランクされており、バンキングにぶつかると70mphになります。 それでも、十分なスペースがある(そしてブレーキを使用する必要がない)ため、モトクロスで最も安全な最初のターンと見なされます。 写真:Dan Alamangos

450人の初心者
1.エズラテイト(ホン)…1-1
2.ミカエ; Oetzell(KTM)…2-2
3.タイラーリッチ(Hus)…3-3

砂から出てきたデビッド・オコナーは、4歳以上の中間体で5-40日を迎えます。  

ドン・ゲトリング(24)は、ニック・ウォーターズ(H20)、ダレン・ボーチャーディング(297)、ジョー・サッター(111)を、多くのラインのある広いコーナーでリードしています。

Robert Kuhry(33)は、Over-50 Expertsで125位に向かう途中でShoeiを上り坂で攻撃します(そして彼はXNUMXのXNUMXストローククラスでも優勝しました)。

パシャ、パシャ、パシャ! Pasha Afshar(L7)は、将来に向けてさらに125のXNUMXストロークプロレースに取り組んでいます。

ペイトン・マレット(115)は、ドレイク・ファイファーの前で250対1で1人の初心者を獲得しました。

ライアンリッチは4人の初心者で5-250になりましたが、しばらくの間スタイルを整えました。 彼の兄弟タイラーは3人の初心者で3-450に行きました。

Chuck CookのHusqvarnaはすっきりとした白い外観をしており、彼のAlpinestarsギア、Gaerneブーツ、6Dヘルメットの黄色のハイライトとうまく調和しています。 手袋は、しかし、ファッションの偽物です。

チャック・ピーターソン(157)は、ゲーリー・チャップマン(1-1)、チャック・クック(2-2)、デイブ・セイトリッヒ(5-3)、パット・ラベスペレ(4-4)の3人のトップに6-60のスコアを付けました。 XNUMX歳以上の初心者クラス。

スティーブ・ネルソン(359)は、彼を追いかけているライダーの進行状況をチェックします。 心配はいりません。スティーブは40歳以上のエキスパートクラスで優勝しました。 写真:Dan Alamangos

セントヘレンズ山の頂上に到達するための最良の方法はヘリコプターによるものです。 高さは22階建てです。この写真は、上位XNUMX階建てのみを示しています。これ以降、速度は指数関数的に増加します。 写真:Dan Alamangos

ブライアン・メデイロス(95)は、250週間以内にパラの250ナショナルズから450ナショナルズに戻る予定であるため、YZXNUMXFに慣れるために「サタデーアットザグレン」に来ました。

17年前にヴァンスアンドハインズヤマハチームの新進気鋭だったプレストンティルフォード(60)は、大事な時期に450度目のトライの新しいスポンサーを見つけました。 450人以上のレーサーであるケントリードとウィルハーパーは、プレストンにジャスティンバルシアのレプリカガスガスMCXNUMX、新しいオニールギア、Shoeiヘルメットを購入しました。 彼はシーズン後半に数人のXNUMX人のナショナルズとレースをするための体調を整えることを望んでいます。

シェーン・マクマス(129)は、2ccの2〜50歳のクラスで7-8になりましたが、ギャビン・フィルハート(117)は、50ccの4〜6歳のグループで同じことをしました。

Ryder Clubb(891)は、1ccの1歳から50歳のクラスで完璧な4-6で勝利を収めました。

ポニーテールを飛ばしたアリア・ホーキンスは、2ccクラスで2-65になりました。

Traison Payne(108)が最初の85ccモトを獲得しましたが、DNFがXNUMX番目のモトを獲得しました。 とにかく、彼はヤシの木のそばを飛んでいるのがかっこよく見えた。

グレンレーススケジュールでの2022年の土曜日
2月1日…春シリーズ#XNUMX
23月2日…春シリーズ#XNUMX
30月3日…春シリーズ#XNUMX
7月4日…春シリーズ#XNUMX
14月5日…春シリーズ#XNUMX(全国トラック)
11月1日…サマーシリーズ#XNUMX
25月2日…サマーシリーズ#XNUMX
9月3日…サマーシリーズ#XNUMX
30月4日…サマーシリーズ#XNUMX
13月4日…サマーシリーズ#XNUMX(ナショナルトラック)
10月1日…秋シリーズ#XNUMX
17月2日…秋シリーズ#XNUMX
1月3日…秋シリーズ#XNUMX(全国トラック)
15月4日…秋シリーズ#XNUMX
22月5日…秋シリーズ#XNUMX
12月1日冬シリーズ#XNUMX
19月2日…ウィンターシリーズ#XNUMX
3月3日…ウィンターシリーズ#XNUMX
10月4日…ウィンターシリーズ#XNUMX(ナショナルトラック)
「サタデーアットザグレン」モトクロスは11月に25回(2022月XNUMX日とXNUMX月XNUMX日)レースを行い、XNUMX年のカレンダーに追加の日付が追加される可能性が常にあります。 「サタデーアットザグレン」レースに事前参加する ここをクリック エントリー前のサインアップシステムをご覧ください。 レース当日のエントリー前はわずか30ドル、エントリー後は40ドルです。 次のレースの前の木曜日までに、次の「サタデーアットザグレン」モトクロスにサインアップできます。 詳細については、 www.glenhelen.com.

 

ボブ・ラッテンケーシーキャスパーダンアラマンゴスデビ・タミエッティデニスステープルトンエド・グアハルドエディ・デイビスグレンヘレンレースウェイジョシュ・ファウトモトクロスMXAピート・マレープレストンティルフォードロバート・ライシンガーグレンで土曜日ショーン・リパノビッチヴァルタミエッティ