MAGGIORA MXGP まとめ: ガイザーが優勝、ホルヘがクラッシュ、サシャ・コーネンが再び優勝

マジョーラ グランプリの 450 のビッグ ニュースは、ホルヘ プラドが土手に押し込まれ、轢かれて他のバイクの進路に転がり込み、はね飛ばされたことです。彼は足を引きずりながら立ち上がり、レースを続けようとしましたが、結局ピットインしました。事故に関するホルヘの最新のコメントは次のとおりです。少し怪我をし、バイクも損傷しました。少し怪我をしたので1周後にリタイアしましたが、大丈夫そうです。あと2、3日ゆっくり休めば、インドネシアで優勝を争えるはずです!インドネシアGP30戦のうち最初のレースはXNUMX週間後のXNUMX月XNUMX日に開催される。

ティム・ガイザー選手はマジョーラの泥の中で優勝し、450クラスでホルヘ・プラド選手とのリードを広げた。

450 結果: マジョーラグランプリ
1. Tim Gajser(本)…1-2
2. Jeffrey Herlings(KTM)…3-1
3.ジェレミー・シーワー(カウ)…5-3
4.カルバン・フランデレン(山芋)…4-5
5. ブライアン・ボーガース(ファン)…6-4
6. グレン・コールデンホフ(ファン)…7-10
7. ブノワ・パチュレル(ヤム)…7-10
8. Jan Pancar(KTM)…12-8
9. アンドレア・ボナクロシ(ヤム)…8-12
10.ホルヘプラド(ガス)…2-24

ジェフリー・ヘリングス(84)が第1モトでホルヘ・プラド(XNUMX)を追いかける(両者ともティム・ガイザーを追いかける)。

世界選手権ポイント: 450クラス
(10ラウンド中20ラウンド後)
1. Tim Gajser(本)…511
2.ホルヘプラド(ガス)…477
3. Jeffrey Herlings(KTM)…440
4. カルビン・フラーンデレン(ヤムイモ)…339
5.ジェレミー・シーワー(カウ)…332
6.ロマン・フェヴル(カウ)…327
7. グレン・コールデンホフ (ファン)…302
8.ポールズ・ジョナス(本)…274
9. ブライアン・ボガース(ファン)…213
10. ケビン・ホーグモ (本)…206

一方、250クラスでは、先週の優勝者サシャ・クーネンが250-3のスコアで1グランプリ250勝目を挙げた。同様に驚くべきことに、XNUMX位、XNUMX位、XNUMX位、XNUMX位はすべてKTM製で、XNUMX位、XNUMX位、XNUMX位は他のオーストリアのブランドのバイクだった。つまり、マジョーラのXNUMXクラスの総合上位XNUMX位は、オーストリアのマッティヒホーフェンで製造されたバイクだったということだ。

サシャ・クーネン(19)が250週連続でXNUMXグランプリ優勝を果たした。

250 結果: マジョーラグランプリ
1.サッシャ・コーネン(KTM)…3-1
2.リアムエヴァーツ(KTM)…1-4
3. ヴァレリオ・ラタ(KTM)…5-3
4.アンドレア・アダモ(KTM)…3-5
5. Simon Laengenfelder(ガス)…2-8
6.ルーカス・コーネン(フス)…10-2
7.ケイドウルフ(フス)…7-6
8.ミッケル・ハールプ(トライ)…8-7
9. クエンティン・プルニエール (カウ)…9-10
10.フェルッチオ・ザンキ(本)…11-9

ヴァレリオ・ラタはマジョーラでワイルドカードとして出場したため、シーズン250ポイントのトップ5に名前は入っていませんが、3勝XNUMX敗で総合XNUMX位となりました。

世界選手権ポイント: 250クラス
(10ラウンド中20ラウンド後)
1.ケイドウルフ(Hus)…473
2. サイモン・レンゲンフェルダー(ガス)…425
3.ルーカス・コーネン(フス)…421
4.リアム・エバーツ(KTM)…394
5.アンドレア・アダモ(KTM)…368
6.ミッケル・ハールプ(トライ)…314
7.リック・エルジンガ(ヤムイモ)…300
8. サッシャ・コーネン(KTM)…278
9. Thibault Benistant(山芋)…226
10. クエンティン・プルニエール(カウボーイズ)…197

 写真: レイ・アーチャー & MXGP

あなたはおそらくそれも好きでしょう

コメントは締め切りました。