MXPERTSに質問する:2006 YZ450Fショックスプリングレートクエリ

2006YZ450Fのリアスプリングレートは5.5kg / mmですが、ピンクのマークは無視してかまいません。

MXA様
ショックスプリングにピンクのマークが2006つ付いている中古の450YZ5.5Fを改造しています。 マニュアルによると、これは2006レートの不等ピッチ鋼ばねを意味します。 XNUMX年のヤマハには等ピッチのチタンスプリングが付いていると思いました。 スプリングには両端にXNUMXつのプラスチッククリップがあることに注意してください。 どんな種類のバネがありますか? 鋼、Ti、等ピッチまたは不等ピッチ?

ヤマハのスティーブバトラーに聞いたところ、2006 YZ450Fには5.5 kg / mm、ストレートレート、等ピッチのチタンショックスプリングが付属していることが確認されました。 あなたの混乱は、125つのピンク色のマークがばね定数またはばねタイプと関係があると考えていることに起因します。 彼らはしません。 ピンクのマークは、ショックスプリングの自由長を示すためにのみ使用されます。 彼らはスプリングレートとは何の関係もありません。 プラスチック製のクリップは、チタンスプリングを使用していることを物語っています。 それらは最後のコイルの間に貼り付けられており、Tiスプリングがコイルに拘束されないようにしています。 YZ2006には2013年から250年までのTiショックスプリングがありました。YZ2006には2012年から250年まで、YZ2006Fには2010年から450年まで、YZ2006Fには2009年からXNUMX年までありました。

 

あなたはおそらくそれも好きでしょう