250の全体的な認定結果| 2021年アイアンマンナショナル

250の全体的な認定結果| 2021年アイアンマンナショナル

私たちは今シーズンの第10ラウンドでアイアンマンレースウェイにいますが、アイアンマンのあと250ラウンドしか残っていないため、250ランクで最速のライダーになるチャンスが不足しています。 残念ながら、7クラスにとって、特に9人のライダーは、今シーズンの250回のうちXNUMX回で最速でした。 ジャスティン・クーパーは、今シーズンのほぼすべてのラウンドで最速の予選タイムを獲得し、ゲートピックが成功したことを示しており、多くの場合、ホールショットを獲得したり、接近したりして、比類のないものとなっています。 では、このラウンドでラップをスピンするのに最も速いXNUMX人のライダーは誰だと思いますか? 下にスクロールして、すべてのアクションLIVEを報告していることを確認してください。


2021アイアンマンナショナル| フルカバレッジ

Trevor Nelsonの写真

250全体の予選結果

2021 Fox Raceway National Jeremy Martin-1ジェレミーマーティンはXNUMX番​​目に速い予選タイムを獲得しました。 

ジェットローレンスは3回目の予選セッションでもグループをリードし続け、ジャスティンクーパーがトップXNUMXに跳ね上がったため、ベアリングを取り戻したように見えました。ジェレミーマーティンがXNUMX位、プロサーキットカワサキライダーの下田城がXNUMX位でした。 最終的に、ジョーのチームメイトであるオースティンフォークナーは、XNUMX位に座っているトップライダーに加わりました。 セッションが終了する直前に、RjハンプシャーはXNUMX位に上がりました。

POS。 # NAME ベストタイム
1 18 ジェットローレンス 2:00.367
2 6 ジェレミー・マーティン 2:01.453
3 32 ジャスティン・クーパー 2:01.793
4 30 下田譲 2:02.059
5 24 RJハンプシャー 2:02.603
6 38 オースティンフォークナー 2:02.920
7 147 レヴィキッチン 2:03.015
8 42 マイケル・モシマン 2:03.224
9 90 ディラン・シュワルツ 2:03.333
10 47 ジャレク・スウォル 2:03.571
11 41 ハンター・ローレンス 2:03.594
12 115 マキシマス・ヴォーランド 2:03.793
13 59 ジャレット・フライ 2:04.031
14 39 カーソン・マンフォード 2:04.984
15 75 タイマスタープール 2:05.030
16 241 ジョシュア・ヴァリーゼ 2:05.433
17 380 プレストンキルロイ 2:05.643
18 73 デレク・ケリー 2:05.871
19 77 ジェリー・ロビン 2:06.575
20 112 キシリアン・ラメラ 2:06.859
21 307 ブランドン・シャーラー 2:06.978
22 412 ジャレッド・レシャー 2:07.457
23 437 ビンセント・ルホベイ 2:07.560
24 432 楓アメリネ 2:07.867
25 172 トミーリオス 2:08.027
26 170 デヴィン・サイモンソン 2:08.630
27 742 TJ ユーセルマン 2:08.709
28 443 ルーク・レンツランド 2:08.729
29 337 スレイドスミス 2:09.062
30 841 ジェフリー・ウォーカー 2:09.101
31 995 クリストファー・プレブラ 2:09.323
32 544 ノア・ウィルブラント 2:09.323
33 341 エヴァン・ハイモウィッツ 2:09.858
34 874 ザック·ウィリアムズ 2:10.061
35 162 マクスウェルサンフォード 2:10.340
36 766 レヴィ・ニュービー 2:11.006

MOTOS の上位 36 名 

37 554 ウェイド・ブロメル 2:11.302
38 279 ティモシークロスビー 2:11.514
39 204 カイル・グリソン 2:11.781
40 266 ブレット・グリーンリー 2:11.809
41 366 ブレイズクレマルディ 2:11.993
42 682 イザイ・クラーク 2:12.015
43 379 コナーバーガー 2:12.072
44 364 チャド・ソーツ 2:12.197
45 153 スティーブンフッカー 2:12.697
46 807 コールハーキンス 2:12.862
47 486 デニスグリッツマッハー 2:13.115
48 242 ギャレットホフマン 2:14.114
49 477 ジョナサンウェルズ 2:14.132
50 689 トニー・ウスコ 2:14.194
51 367 セス・フィッシャー 2:14.275
52 881 ジェラルド・ローレンツIII 2:14.419
53 299 コナー・ヴィスガー 2:14.564
54 694 ニコラス・インマン 2:14.705
55 249 ベイリー・クルーン 2:14.716
56 119 ローガンボーイ 2:14.872
57 164 マシュー・クラン 2:14.960
58 702 ジョサイア・ヘンペン 2:15.857
59 301 ジョーダン・ジャービス 2:16.544
60 572 チェイスウィットマー 2:16.770
61 553 ブレント・ラウズ 2:16.817
62 922 ダニエルメレス 2:17.019
63 452 ライランブリー 2:17.255
64 403 キャメロングッディング 2:17.309
65 168 ケール・クチニツキ 2:17.317
66 721 ザカリーハリス 2:18.585
67 940 エヴァン・タルボット 2:19.497
68 811 クリストファー·ウィリアムズ 2:20.418
69 459 オースティンブルックス 2:21.433
70 175 スティーブン・ワード 2:22.712
71 425 ジョシュア・レイニンガー 2:23.159
72 948 コンナートロイヤー 2:23.628
73 422 スティーブン・キール 2:30.458

下田城はXNUMX番目に速い予選を通過しました。


250最初の予選セッション

Jett Lawrence 2021 Washougal National Qualifying-34ジェットローレンスは最初のセッションであなたの最速の予選でした。 

最初の予選セッションでは、トップランナーが実際に250位に戻ったため、18クラスに少し遅れました。 それにもかかわらず、ジャスティンクーパーは、最初のセッションでファステストラップタイムを獲得することはあまりありませんが、トラックのラインを磨いて全体的にファステストラップタイムを獲得する5回目のセッションです。 最初のセッションでは、リーダーボードのトップで発見されたのはジェット・ローレンスであり、その後に彼の古いFCホンダのチームメイトである下田城が続いた。 2人の大多数が3分XNUMX秒のラップタイムであったにもかかわらず、ジェットはどういうわけか残りの競技からXNUMX秒を削りました。

POS。 # ライダー ベストタイム
1 18 ジェットローレンス 2:00.961
2 30 下田譲 2:03.119
3 6 ジェレミー・マーティン 2:03.139
4 47 ジャレク・スウォル 2:03.571
5 115 マキシマス・ヴォーランド 2:03.793
6 147 レヴィキッチン 2:03.909
7 38 オースティンフォークナー 2:04.056
8 42 マイケル・モシマン 2:04.759
9 41 ハンター・ローレンス 2:05.354
10 75 タイマスタープール 2:05.460
11 24 RJハンプシャー 2:05.586
12 90 ディラン・シュワルツ 2:05.632
13 380 プレストンキルロイ 2:06.725
14 112 キシリアン・ラメラ 2:07.014
15 77 ジェリー・ロビン 2:07.016
16 73 デレク・ケリー 2:07.042
17 59 ジャレット・フライ 2:07.206
18 32 ジャスティン・クーパー 2:07.394
19 412 ジャレッド・レシャー 2:07.457
20 39 カーソン・マンフォード 2:08.034
21 307 ブランドン・シャーラー 2:08.602
22 742 TJ ユーセルマン 2:08.709
23 432 楓アメリネ 2:08.868
24 241 ジョシュア・ヴァリーゼ 2:09.104
25 995 クリストファー・プレブラ 2:09.323
26 170 デヴィン・サイモンソン 2:09.771
27 172 トミーリオス 2:09.823
28 544 ノア・ウィルブラント 2:09.896
29 874 ザック·ウィリアムズ 2:10.317
30 443 ルーク・レンツランド 2:10.698
31 162 マクスウェルサンフォード 2:10.802
32 841 ジェフリー・ウォーカー 2:11.079
33 437 ビンセント・ルホベイ 2:11.313
34 204 カイル・グリソン 2:11.880
35 766 レヴィ・ニュービー 2:12.524
36 242 ギャレットホフマン 2:14.114
37 807 コールハーキンス 2:15.141

カーソン・マンフォードも非常によく走っていて、250秒の群れが彼のラップタイムを打ち負かすまで、XNUMX、XNUMX周の間ナンバーワンのポジションに座っていました。 

2021アイアンマンナショナル| フルカバレッジ

あなたはおそらくそれも好きでしょう